ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

汁を飲み始めた時に、最初にぶつかる壁と言えば”味”の問題です。
体には良いけど、どうしても味だけはダメ!と言う方も多いようで、様々な青汁の活用法が話題になっています。
その中でも、ダントツで青汁と相性が良いと人気を集めているのが『豆乳』です。
今回は、豆乳の効果や成分、青汁との相性について解説していきます。

豆乳と相性のいい青汁をさっそく見る!

青汁を豆乳で割ると飲みやすい!ダイエットのサポートも!

青汁愛飲者の中でも豆乳で割って飲んでいる人が多いとよく聞きます。
また、多くの青汁のメーカーでもおすすめの飲み方として、豆乳割りを推奨しているところもあります。

ダイエット

少しクセのある青汁でも、豆乳で割ることで飲みやすくなると人気ですが、ダイエットのサポートにもいいと聞きます。

色々と相性の良さそうな豆乳と青汁ですが、実際のところどうなのか調査してみました!

青汁と豆乳の成分でダイエットサポート効果が上昇?

青汁には、ビタミンB群や食物繊維など、ダイエットの補助に効果的とされている栄養素が多く含まれています。

そして、豆乳にも脂肪燃焼効果が期待できるダイエット成分が含まれています。
この2つを合わせることによって、ダイエット効果が高まると言われているんです。

では、具体的に豆乳にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

豆乳と相性のいい飲みやすい青汁

知っておきたい豆乳の知識!栄養成分や効果についても

豆乳の効果と成分

今では当たり前のように、コンビニやスーパーなどあらゆるところで見かけるようになった豆乳ですが、どうして豆乳がそこまで浸透したのでしょうか。
豆乳の成分や効果について紐解いていきましょう!

豆乳とは?調整と無調整などの違い

豆乳とは、ゆでた大豆をすりつぶし絞った時に出る液体の事です。
この豆乳に『にがり』を加えることで『豆腐』ができることは皆さんもご存知だと思います。

もともと大豆は、消化や吸収があまり良くないと言われており、大豆そのままや豆腐などの固形物より豆乳の方が吸収率が高く、大豆に含まれる栄養素を効率良く吸収できるので豆乳が広まりました。

豆乳の種類としては主に以下の3種類に分けられます。

無調整豆乳 大豆を搾ったそのままの濃度が高い豆乳。
無添加で熱処理も行っていないため大豆本来の栄養素を効率良く吸収できる。
調整豆乳 豆乳に甘味成分やカルシウムなどを加え飲みやすくしたもの。
大豆本来の栄養素は減ってしまうが、非常に飲みやすく人気。
豆乳飲料 飲みやすく調整豆乳にフルーツやコーヒー、紅茶などの風味をつけたもの。
栄養素の吸収はさらに減ってしまうが、美味しい飲料として人気を誇る。

豆乳に含まれる栄養成分

それでは、豆乳に含まれる代表的な栄養成分についてご紹介します。

豆乳には、三大栄養素である『たんぱく質』が豊富に含まれているほか、『脂質』や『カルシウム』などのミネラル類、『ビタミンB1』や『ビタミンB2』などのビタミン類、脂肪燃焼に効果があるとされる『大豆ペプチド』も含まれています。

そして、大豆特有の『大豆イソフラボン』が含まれているのが大きな特徴です。
大豆イソフラボンは、ポリフェノールの1種で女性ホルモン『エストロゲン』と似た働きをすることで注目を集めました。

豆乳に含まれる栄養素まとめ
・たんぱく質 ・脂質 ・カルシウム ・ビタミンB1 ・ビタミンB2
・大豆ペプチド ・大豆イソフラボン など

豆乳・大豆イソフラボンの摂取量目安

大豆イソフラボンの摂取量目安/日

大豆イソフラボンの1日の摂取量目安は、約40mg~75mgとされています。

大豆食品別、大豆イソフラボンの含有量

大豆イソフラボンはどのくらい含まれている?

食品に含まれるイソフラボンの含有量の目安として、以下の表をご覧ください。

食品 数量(重さ) イソフラボン含有量
豆腐 1丁(300g) 約80mg
納豆 1パック(45g) 約35mg
きな粉 大さじ1杯(6g) 約9mg
豆乳 1パック(200g) 約41mg

豆腐一丁や納豆+豆乳などの組み合わせで1日の目安分は確保できるので、そんなに難しくはないですね!

以上を参考に、普段の食事での豆乳の摂取を考えてみてはいかがでしょうか。

豆乳と混ぜてさらに飲みやすい青汁

豆乳・大豆イソフラボンの期待できる効果

豆乳の効果についてご紹介していきます。
ビタミン類やミネラル類に関しては、【栄養素一覧】をご覧ください。

豆乳・大豆イソフラボンの期待できる効果
  • 美容効果(美白・美肌・美髪)
  • 生活習慣病の予防・改善効果
  • 更年期障害の予防・改善効果
  • バストアップ効果
  • ダイエット効果

豆乳の美容効果(美白・美肌・美髪)

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つ大豆イソフラボンは、ホルモンの調整をサポートするので、ホルモンの乱れによる肌荒れや髪の傷みを改善し美肌・美髪を促します。
また、大豆イソフラボンには抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制しメラニンの発生を抑えるので、美白効果が期待できます。

豆乳の生活習慣病の予防・改善効果

大豆イソフラボンの抗酸化作用は、動脈の老化による動脈硬化や高血圧の予防にも効果的です。
また、悪玉(LDL)コレステロールの増加を防ぐ働きもあるので、外食が増えてしまったり、インスタント食品をよく食べるなど、食生活の乱れからくる脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病のリスクを減らすことができます。

豆乳の更年期障害の予防・改善効果

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が不安定になる事で起きる症候群です。
情緒不安定やのぼせ、生理不順などの症状が現れる更年期障害ですが、女性ホルモンのエストロゲンの減少を防ぎ、ホルモンバランスを整えてくれる大豆イソフラボンが効果的なのです。

豆乳のバストアップ効果

女性ホルモンの活性化をサポートする大豆イソフラボンは、乳腺の働きも活発にするので、乳腺を保護するための脂肪細胞も増えるということから、バストアップに効果があると言われています。

豆乳のダイエット効果

豆乳には、脂肪燃焼を促す『大豆ペプチド』や脂肪の蓄積を抑えるビタミンB群も含まれており、ダイエット効果が期待できます。
しかし、豆乳にはたんぱく質も含まれている為、ダイエット効果を期待する場合は、飲み過ぎに注意しましょう。

豆乳と合う飲みやすい青汁はこちら

青汁と豆乳の相性は?飲みやすい?

豆乳と青汁の相性は?

冒頭でもお話ししましたが、どうして青汁と豆乳が相性がいいのかご紹介していきます。

簡単にいうと青汁と豆乳は、どちらも身体にとって嬉しい栄養成分が含まれている事です。
また、栄養面・飲みやすさの面で見ても相性がいいのです。

【栄養・効果】から見た青汁と豆乳の相性

青汁には、豊富なビタミン類・ミネラル類・食物繊維が含まれており、様々な美容・健康効果が期待できるスーパー健康飲料です。

青汁の栄養素ビタミン・ミネラル

青汁に含まれるビタミンB群は、脂質の吸収・代謝を促すほか、食物繊維によって腸内環境を整え全体的な栄養の吸収を高めます。
また、脂肪の蓄積を抑えるのでダイエット効果も期待できます。

豆乳に含まれるイソフラボンなどの成分を効率良く身体に取りいれられることから、相性が良いと言われています。

それ以外にも、青汁に含まれるビタミンA(βカロテン)やビタミンC、ビタミンEなどによって、美容・老化防止効果も期待できるので、豆乳に含まれるイソフラボンなどの効果と同時に効率良く栄養補給をする事が出来ます。

【味・飲みやすさ】から見た青汁と豆乳の相性

青汁はご存知の通り「ニガイ・クサイ・まずい」の三拍子が揃った健康飲料です。
このことから、中々続けることが難しかったり、健康・美容へのモチベーションが下がってしまう事がよくあります。

豆乳割りでも飲みやすい大麦若葉と明日葉

青汁を豆乳で割ることによって、まろやかで甘味のある仕上がりになり、抹茶ラテのような風味になることから人気が出ました。
また、冒頭でも言いましたが、各青汁メーカー側からも美味しく飲むために、青汁と豆乳の組み合わせを推奨しているほどなので、この組み合わせはかなりおすすめだと言えます。

特にダイエットなどは継続が大事ですが、続ける上で味はとても大切なポイントになってくるので、美味しく健康に実践できる青汁と豆乳は相性が良いと言えるでしょう!
青汁にも様々な種類がありますが、豆乳に合うものとして大麦若葉明日葉の青汁がクセがなくおすすめなので是非お試しください!

豆乳と相性がいい!飲みやすい青汁はコレ!

青汁と豆乳は、成分・味ともに良いことが分かりましたが、その中でも特に相性のいい青汁をご紹介します。
青汁選びに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

関連記事:味・飲みやすさで徹底比較!本当に美味しい青汁は?

トクホの大麦若葉の青汁『ヘルスマネージ大麦若葉青汁』

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 評判青汁業界でも珍しい国に認められたトクホの青汁です。
青汁の原料の中でも一番飲みやすい大麦若葉を使用した青汁で、お茶感覚で飲むことができ豆乳との相性もばっちりです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁おすすめポイント
  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める

生活習慣病が気になる方や、食後の血糖値が気になる方に向けて作られた青汁です。
また、この青汁に含まれるトクホ成分『難消化性デキストリン』は、様々なダイエット食品でも使われているので、ダイエットをしている方にもおすすめです。

安心国産の明日葉の青汁『ふるさと青汁』

ふるさと青汁 評判健康食品の老舗メーカーマイケアより作られた国産の明日葉を使った青汁です。
明日葉や大麦若葉などすっきりした味わいの原料を使用しており、豆乳で割ると抹茶ラテのような味わいになります。

ふるさと青汁おすすめポイント
  • 国産の明日葉をベースにした青汁
  • ケールを超えるほどの豊富な栄養バランス
  • 明日葉特有の黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 甘みのある国産の大麦若葉・桑の葉をブレンドしさらに飲みやすい

明日葉の貴重な根の部分も使用しており、明日葉特有の黄金のポリフェノール『カルコン』も含まれる青汁です。
カルコンはデトックス効果や抗酸化効果など女性にうれしい効能が期待できます。
味もお茶のようにおいしく飲めるので、美味しく健康・美容を目指す方におすすめです。

ダイエッターにおすすめの記事!!

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.