ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

なさんは「幸せホルモン」と言う名前を聞いたことはありますか?
幸せホルモンは、「セロトニン」という脳内の神経伝達物質のことで、ストレスを和らげたる効果や、快眠を促したりと体にとって幸せな環境を生み出す物質なんです。

反対に、セロトニンが不足すると、ストレスを感じやすくなったりうつ病になったり睡眠障害老けやすくなると言われています。
特に女性にとっては大切なホルモンだと言えるでしょう。

このセロトニンを青汁で増やすことが出来ると言うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

幸せホルモン「セロトニン」とは?気になる効果も

幸せホルモン「セロトニン」といえば、何となく「体に良い物質」というイメージはありますが、実際どのように分泌され作用するのか知っていますか?

幸せホルモンセロトニン』
セトロニンとは、必須アミノ酸の1つ「トリプトファン」から生み出される神経伝達物質です。
トリプトファンは、人間の体内では十分に生成することが出来ないので、トリプトファンが含まれる食べ物から摂取できます。

そのトリプトファンが代謝されることで、幸せホルモン「セロトニン」に加え、睡眠ホルモン「メラトニン」も生まれるため、身体に良い様々な効果を生み出します。

セロトニンとメラトニンは、対で存在するものなので、どちらかが欠けるともう片方も必然的に効果が弱まってしまします。

幸せホルモン『セロトニン』の期待できる効果一覧

では、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増やす事によってどのような効果が期待できるのでしょうか?

  • 精神安定効果・・・ストレスを和らげ気持ちの浮き沈みを減らす
  • 体調管理効果・・・偏頭痛や倦怠感などの突発的な体調不良を緩和・予防する
  • 生活リズム調整効果・・・血圧や体温をコントロールし体内時計を整える
  • アンチエイジング効果・・・抗重力筋をサポートし、顔のたるみなどを予防する

などなど、私たちの生活を支え、健やかで幸せな気持ちに導くホルモンであると言えるでしょう。

幸せホルモンの働き1:ストレスから身体を守る

ストレス緩和

  • ストレスを緩和・抑制
  • ストレスによる悪影響を予防
  • 精神の安定

セロトニンの大きな役割の一つが、ストレスを緩和し身体を守ってくれる働きです。
ストレス社会の中で、私たちは日々様々なストレスにさらされています。

ストレスは、身体の至る部分に悪影響を及ぼします。
何気ない肌荒れや体調不良、気分の落ち込みなどもストレスが原因になっていることが多いです。

そんなストレス・精神不安定な状態を、幸せホルモンであるセロトニンで緩和・抑制する効果が期待できます。

幸せホルモンの働き2:不安定な体調を整える

不安定な体調

  • 偏頭痛・倦怠感などの緩和・予防
  • 様々な「痛み」の緩和

セロトニンは、様々な痛みや不調を和らげる働きも持っています。
セロトニンが不足すると、偏頭痛や倦怠感、うつ病による体の痛みなどを感じやすくなってしまいます。

日ごろの何気ない体調不良もセロトニン不足が原因かもしれません。

幸せホルモンの働き3:生活リズム(体内時計)の調整

生活リズム(体内時計)

  • 寝起き・寝つきの悪さを改善
  • 疲労感を解消

セロトニンには、血圧や体温を調整する働きもあります。
生活リズムや体内時計は、この2つによってコントロールされていると言っても過言ではありません。

特に女性は、低血圧・貧血・低体温などによって朝起きにくかったり、夜寝付けなかったりしやすいです。
そのため、疲れが残ったり、日ごろから疲労感を感じやすくなることもしばしば。

そんな体内時計の乱れを、セロトニンの調整機能によって安定させる効果も期待できます。

幸せホルモンの働き4:エイジングケア(老化予防)

肌のたるみ

  • 表情筋や背筋などを支える「抗重力筋」のサポート

セロトニンは、顔のハリや姿勢を維持する抗重力筋にも作用します。
抗重量筋は重力に逆らう筋肉のことで、これが弱ることで老いの原因になります。

セロトニンが不足すると、シワやたるみが目立つようになったり、猫背で姿勢が悪くなったりと老化が進んでしまうのです。
ですので、幸せホルモン「セロトニン」を十分に摂取してしっかりエイジングケアを行う事が、若々しさをキープする秘訣になります。

何気ない不調も幸せホルモン不足が原因かも

幸せホルモン不足

前述したようにセロトニンが不足するとメラトニンも不足するなど、相互に影響し合うので気をつけたいところです。
では、幸せホルモンが不足するとどのような症状が表れるのでしょうか?

✅ストレスに弱くなり、精神状態が不安定になる

✅不眠症や目覚めが悪いなどの睡眠障害になりやすい

✅ストレスなどにより、食欲増進ホルモンが増え太りやすくなる

✅代謝が下がったり、疲労が溜まりやすくなり、老化現象が進む

✅女性ホルモンの低下も合わさると、更年期障害の症状を加速させる

身に覚えのある症状があれば、幸せホルモン「セロトニン」不足の可能性が高いです。
症状が悪化する前に早期の栄養補給をおすすめします。
セロトニンを増やす方法を実践してみましょう!

幸せホルモン「セロトニン」を増やす4つの方法

何気ない身体の不調が起きている人は、幸せホルモン「セロトニン」不足が原因の可能性があると分かりました。
また、セロトニンを増やし活性化させることで様々な健康・美容効果も期待できます。

そんなセロトニンを増やす4つの方法を紹介します。

1.トリプトファンを食事から摂取しセロトニンを増やす

トリプトファン食材セロトニンは、必須アミノ酸である「トリプトファン」を原料に分泌されます。
トリプトファンは、体内では生成できないので食事から摂り入れなければいけません
セロトニン不足かもしれないという方は、以下の食材を意識して食事に摂りいれることをおすすめします。

トリプトファンが含まれる食材:
バナナ、乳製品、白米、そば、アーモンド、肉類、たらこ など

2.日光を浴びてセロトニンを増やす

セロトニンを活性化させるには、日光を浴びることが重要と言われています。
日光を浴びることで体内時計も正常化するので、1日1回は日にあたることが大切です。

特に寒い時期になり日照時間が短くなると、十分な日光に当たれないことで「冬季うつ病」が発症する危険性もあります。
日光に当たることは、セロトニン活性化のためだけでなく体の健康を維持することにもつながるので、日ごろから意識して生活していきましょう。

3.睡眠をしっかりとってセロトニンを増やす

睡眠不足は、十分な疲労回復ができないばかりか、ストレス蓄積やうつ病の原因になります。
質の良い睡眠をとることで、セロトニンの活性化を促進できるほか、肌の調子が良くなった、日中頭がさえたりと良いことしかありません。
普段から意識して質の良い睡眠をとる習慣をつけましょう。

すぐできる質の良い睡眠のコツ
  • 夜の12時までには寝る
  • 寝る前1時間のスマホ・カフェイン・アルコールは厳禁
  • 朝起きたらすぐ日光に当たる

最低でもこの3つを実践すれば、質の良い睡眠に近づくことが出来ます。

それでも、睡眠の質が上がらないという方は、睡眠サプリメントなどを試すと良いでしょう。

トリプトファンも摂れるおすすめ睡眠サプリメント!

4.適度な有酸素運動でセロトニンを増やす

適度な運動は、脳とセロトニンを活性化させます。
また、運動をする事で体の代謝も良くなるので、脂肪燃焼や血行促進にもつながります。
有酸素運動と言えば、
セロトニンを増やす運動

  • ランニング(ジョギング)
  • サイクリング
  • 水泳

など、一定のペースで長時間行う運動のことです。

短距離走や筋トレ、サッカーなどの激しい運動(無酸素運動)は、かえって疲れが蓄積したり、活性酸素が増えたりと悪影響もあるので、セロトニンの活性化や健康維持のためにはあまりおすすめできません。

また、寝る前にストレッチを行う事で、寝付きやすくなることも期待できるので日中時間がない人にもおすすめです。

幸せホルモン「セロトニン」を増やすなら青汁!?

a7df459484ffb32af17c5051beb0646a_s

それでは、セロトニンについての基礎知識を確認したところで、実際にセロトニンを増やす方法についてご紹介します。

セロトニンを増やすためには、トリプトファンが必要です。
そのトリプトファンを含む食材は、バナナ・乳製品・アーモンド・肉類・白米などが挙げられると上記でも説明しました。

しかし、食事には栄養のバランスや組み合わせが大切なので、普段の食事に青汁をプラスすることをおすすめします。

幸せホルモン「セロトニン」を青汁で増やすならクロレラがおすすめ!

特に注目したいのが、青汁の原料としても使われるようになったクロレラです!

クロレラとは、緑藻の一種でビタミン・ミネラル・アミノ酸などの天然成分を豊富に含む万能な葉緑素と言われています。

また、クロレラが良い理由としては、トリプトファンの分泌を促すビタミンB6も含まれているので、効率良くセロトニンを生成できるというわけです。

幸せホルモン「セロトニン」を増やす青汁がおすすめな理由

「トリプトファンを含む食材を摂ればいいじゃん!」と思う方も中にはいると思います。
普段の食事で必要な栄養素をしっかり摂れている人は、それでいいでしょう。

青汁がおすすめな理由としては、豊富なビタミン・ミネラル、そして食物繊維が含まれている事です。

食物繊維と言えば、腸内環境を整え、消化や吸収をサポートする効果があります。
実は、トリプトファンから効率良くセロトニンを生成には、腸内環境を整えた状態にする必要があります。

腸内環境が悪く便秘や下痢などの状態でいると、せっかくのセロトニンの材料が使われず排泄されてしまうのです。

そのため、トータルで栄養バランスの取れた青汁がおすすめなんですね!

幸せホルモン「セロトニン」を生成するおすすめの青汁はこれ!

クロレラが入った、ステラの贅沢青汁
現在注目されている【ステラの贅沢青汁】です。
セロトニンの生成を助けるクロレラを主成分とし、メラトニンや豊富なビタミン・ミネラルを含むケールも配合されています。

実はこの青汁、液体ではなく珍しいサプリメントタイプなので、場所問わず飲めるのがとっても便利なんです!

この青汁だけで、

  • セロトニンの素になる『トリプトファン』
  • ケールに直接含まれる睡眠ホルモン『メラトニン』
  • 腸内環境を整える『食物繊維』
  • 体に必要不可欠の豊富な『ビタミン類・ミネラル類』

これらがいっぺんに摂れちゃうんです!
ストレスが原因で睡眠障害になりがちな人や、体の不調が続く人、老化を抑えたい人は、総合的評価でこの青汁がおすすめです。

サプリメントタイプの珍しい青汁!人気の秘密は?

青汁で幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法まとめ

  • 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」は、体と心の不調を改善する効果のある物質です。
  • セロトニンが不足すると、ストレスや睡眠障害、老化を招きます。
  • セロトニンを増やすには、食事などから栄養を補給することが大切です。
  • 特に青汁には、総合的な栄養素が含まれ、セロトニンを生み出す環境が整っているのでおすすめです。

青汁の幸せホルモン関連記事

ストレスに強くなる栄養?青汁を飲んでうつを克服!
うつの原因になるストレスの種類や、うつになりやすい性格も解説。
青汁に含まれるストレスに効果的な栄養素を紹介した記事です。

快適な睡眠で心身を健康に!抗酸化作用も強力なメラトニンの効果
セロトニンと同じくトリプトファンから作られる「睡眠ホルモン」メラトニンの効果を解説。
また、メラトニンを直接取ることのできる青汁についても紹介。

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.