ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちゃんができた喜びに勝るものはないけれど、どんどん増える体重が不安…。
多くの妊婦さんの悩みです。
でも、妊娠中に自己流でダイエットをするの絶対NG、おすすめできません。
なぜなら赤ちゃんに栄養が行き渡らなかったりすると、赤ちゃんの体質や将来にも影響が出てしまうから。
妊娠中は、お医者様と二人三脚で、心配なことは何でも相談しましょう。

それに、安心してください。
産後にダイエットを始めても、十分元に戻すことはできるんです。
また、そのサポートに青汁が役立ちます。
産後の回復期とダイエットに働きかける効果的な栄養素が青汁にはたっぷり含まれているのです。

↓↓妊娠中の方は、まずはじめにこちらの記事をどうぞ!↓↓

産後ダイエットとは?出産後に太る理由

産後に体重が戻らなくて困ってます><
まずは、妊娠中どうして体重が増えるのか、産後いつからダイエットを始めるのがベストか、を教えていくわ!

妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ったり、産後の授乳に備えて脂肪を蓄えるようになるため、どうしても体重が増えてしまいます。

その内訳は、

  • 子宮などの増大や血液がふえるために3~4kg
  • 羊水が500g
  • 胎盤が500g
  • 赤ちゃんが約3kg

7~8kgは必要最低限の体重の増加ということになります。

さらに赤ちゃんを体内で育てるのに必要な脂肪が体型に応じて増加します。
これが、産後にダイエットをする必要がある脂肪なんです。

とはいえ、芸能人などを見ると、出産直後からスッキリ痩せて登場したりします。
彼女たちがいつからダイエットしているのか、気になりますね。
自分もうまくダイエットしたいけど、芸能人はいろいろお金をかけているから……なんて思うママも多いはずです。

でも大丈夫、産後のダイエットのポイントは食生活にあるんです。
ちょっとしたコツをつかめば、きっと産後のダイエットを成功できるはずです。

産後ダイエットはいつから始めるのがベスト?

産後、いつからダイエットを始めるかは気になるところですね。
出産によって身体はとても大きなダメージを受けていますから、その回復を待ってから行います。

目安は1ヶ月月健診の結果です。
この間はなるべく安静にして身体の回復に努めます。
このタイミングで異常がなければ徐々にダイエットが始められます。

実は、妊娠中についた脂肪は、赤ちゃんを守るためにつくもので、「流動性脂肪」と呼ばれ、水分が多く含まれています。
この脂肪は、定着する前であれば、落とすのがさほど難しくないため、産後6ヶ月目まではとても痩せやすい時期と言われています。
このタイミングを逃さずダイエットを行うことが大切です。

出産当日から出来る産褥(さんじょく)体操

1つだけやっておきたいのが出産当日からできる産褥(さんじょく)体操です。
これは、出産で疲労が蓄積した身体の状態を改善するためのストレッチです。

ストレッチといっても1日目は足首を曲げ伸ばしたり左右に曲げたりといった本当に簡単な動きを10~15回程度行うものです。
出産で疲れた筋肉をほぐし、疲れをとることから始まり、徐々に負荷をかけることで筋肉を鍛え、血行を良くする効果が期待できます。

結果、静脈瘤の改善や血栓予防、悪露(おろ)の排せつ、子宮の収縮といったことが期待できるようになるのです。

簡単なストレッチでも習慣になっていれば、いざダイエットを始めるときに弾みがつけやすいはずです。

産後ダイエットのおすすめの方法は?

なるほど、赤ちゃんを守るためにできた脂肪も、タイミングを間違わなければすぐに落とすことが出来るんですね!
そうね!
ここからは実践的な産後ダイエットの方法について教えていくわね!
ダイエットを行う上で、心がけることを見てほしいわ!

1ヶ月が経過し、体調も整ってきたらダイエットのタイミング到来です。
下記のことを心がけることで、ダイエットの効果がよりアップします。

  • 母乳を積極的に与える
  • 和食を中心にバランスの良い食事を心がける
  • 3食時間を決めて食べる
  • 姿勢を良くして体型維持を心がける
  • 適度な運動をする

産後ダイエットの方法:食事編

産後ダイエット食事

産後ダイエットの最大のポイントは食事です。
また、母乳育児を行うことで1日約600kcalが消費されます。
ですから、母乳育児を行うことを前提に食生活を考えていくのがいいでしょう。

母乳で育てる産後のママの食事は?

1日600kcalを消費する母乳育児ですが、これは、速足でのウォーキング1時間分に相当します。
母乳育児が結果的にダイエットに通じるということです。
とはいえ、たくさんのカロリーを消費することもあって授乳期間中はお腹がすきます。
油断をすると消費した以上のカロリーを摂ってしまうことがあるので注意が必要です。

母乳は、血液に溶けている栄養が毛細血管を通して生成されるものです。
ですから食事と水分をしっかり摂ることが必要です。
とはいえ、ピンポイントでこの食材が質の良い母乳に効果的というデータはありません。
おおむね、白米や赤身の肉、魚や野菜、大豆製品が良いとされています。
摂取して良いと言われるカロリー量は、さほど多くなく、+350kcalというのが目安です。

出産後に摂りたい栄養素

出産後に摂っておくべき栄養素がありますので、こちらも合わせて摂取しておきましょう。


母乳が血液から作られることから貧血になることも多いので鉄分は必須です。
貧血は慢性的な体力の低下などを招きますから、意識して摂るように心がけましょう。
葉酸
胎児の細胞を育てるのに大量に必要とされる葉酸は、出産で傷ついたママの細胞を回復させるのにも大切な栄養素です。
早期回復を目指すのに、なるべく多く摂ることがおすすめです。
カルシウム
授乳をすることでこれまで骨に蓄積されていたカルシウムまで血液に溶けだすママたちは少なくありません。
血液を作るのにもカルシウムが働いているからです。
赤ちゃんを丈夫に育てるためにもカルシウムをたっぷり摂るようにしましょう。

産後の母乳育児の大敵、乳腺炎を招くNG食材

揚げ物や脂質の多い肉類、砂糖やバターがたっぷりのスイーツを食べると乳腺炎になりやすいと言われています。
乳腺炎とは母乳が詰まってしまい、熱を帯びてしまう症状です。
赤ちゃんは母乳が飲めないし、ママは乳房にしこりが出来たり、腫れて高熱が出てしまうこともあって苦痛です。
乳腺炎を避けるためには高タンパク、低カロリーの食事を心がけることがおすすめです。

こうした条件をクリアするのが伝統的な和食なのです。

産後の母乳に悪影響のあるNG食材

アルコールやカフェインは、母乳を通して赤ちゃんに影響を与えてしまうので、母乳育児をしている方が避けるべき食材です。
アルコールやカフェインを赤ちゃんが摂取すると、脳や発育に影響が出ます。

特にカフェインは、コーヒーや紅茶だけでなく、ココアやチョコレート、栄養ドリンクなどにも含まれているので、注意が必要です。

また、スパイスなども母乳に影響があり、赤ちゃんがあまり母乳を飲まなくなったりすることがあります。
授乳中は、カレーなどの刺激の強い食べ物は避けたほうが無難です。

産後は時間を決めて和食中心の食事を

母乳を与えているとお腹がすくので、いろいろ食べたくなったり、赤ちゃんに合わせて起きることで睡眠が細切れになり、授乳期間中は特に規則正しい生活が難しくなります。
だからこそ、朝昼晩の食事の時間を決めることで規則正しい生活を保てるようにするのがおすすめです。

産後ダイエットの食生活のポイントは、決まった時間に和食中心の食事を1日3回決めた時間に食べることというわけです。

産後ダイエットの方法:運動編

産後ダイエット運動

出産日当日から始めた産褥体操は、産後1ヶ月を目安に産褥機関と言われる産後6~8週間目まで続けます。
とはいえ、1ヶ月頃に体調が戻ってきていれば、赤ちゃんを連れてのウォーキングなどに切り替えていくのが通常です。
落ちた筋力や体力を取り戻しながら徐々に負荷が増やせるウォーキングやヨガといった運動がおすすめです。

産後のリフレッシュにもなるウォーキング

1ヶ月を過ぎると赤ちゃんも外出できるようになります。
そこでスリングやベビーカーに乗せてママはウォーキングを行いましょう。
ウォーキングは体脂肪を燃やすのに効果的な有酸素運動です。
外の空気はリフレッシュにもぴったりなので、短時間でも外に出る時間を作るのがおすすめです。

産後開いた骨盤を元の位置に

出産によって開いた骨盤は、3~4ヶ月かけて元の位置に戻ると言われています。
しかし、骨盤のゆがみなどがあると元の位置に戻れずに骨盤周辺の血流が悪くなります。
そうなると脂肪の燃焼がうまくいかず、太りやすくなります。
また、一度開いてしまった骨盤は、自然にまかせておいても完全に戻るとは言い切れないようです。
骨盤ベルトをつけたり、矯正のエクササイズを取り入れて、戻るチカラをサポートすることが大切です。

産後ダイエットの注意点

食事から運動まで産後ダイエットの方法は色々あるんですね!
どちらか片方だけでは不十分だから、食事も運動もバランス良く行っていくのが1番ね!
でも、産後ダイエットの注意点もあるから気を付けるように!

出産で受ける身体のダメージは、相当なものです。
出産後から6~8週間目頃までを産褥期といって、昔から身体を大切にする期間とされてきました。
特に最初の1ヶ月が肝心ですので、最初はできるだけ周囲の人に協力を得て、身体を休めるようにします。

体を休めてから産後ダイエット

ダイエットを実践するのは、それからです。
また、1ヶ月過ぎて体調が戻ったように思えても、無理は禁物、ちょっとおかしいと感じたらすぐに休むなり、お医者さんに相談するなりしましょう。

産後もダイエットが可能な時期になると、育児は一人ですることが多くなります。
家から出られなかったり、慣れない赤ちゃんの世話に戸惑ったりと、ストレスが溜まることばかりです。

ダイエット中のストレスは最小限に

こうしたストレスには注意が必要です。
ストレスの影響で食事を食べすぎたり、食事の回数が増えたり、さらにはスイーツを食べすぎたりといったことをしがちです。
子育てに伴うストレスを、うまく解消することが産後ダイエットを成功させる一つのポイントになるのです。

また、ダイエットを気にするあまり、食事を制限するのは絶対にNGです。
これはまた母乳と自身の体力回復という面からおすすめできません。

産後ダイエットで痩せない理由

妊娠中についた脂肪は落としやすい質のものですが、妊娠中からの習慣をそのままにしてしまうと脂肪がつきやすい状態も維持されてしまい、出産後も痩せないということがあります。
出産後にダイエットできない、あるいは痩せない理由を挙げてみましょう。

✅骨盤が元に戻らず脂肪が溜まりやすくなっている

✅ストレスで間食をしてしまう

✅夜中など、お腹が空いたときに食事をしてしまう

✅睡眠不足

✅筋力が落ちて姿勢が悪くなり贅肉がつきやすくなっている

✅忙しくて食事の栄養バランスまで考えられない

✅運動不足

食事の時間や睡眠の時間を含めて、できる限り規則正しい生活を心がけると同時に、高タンパク質、低カロリーで栄養豊富な和食中心の食生活がおすすめなのです。

産後ダイエットに栄養豊富な青汁を活用

ダイエットってついつい無理しちゃうけど、産後の体だからこそ気を付けることが多いんですね!
何より、赤ちゃんを育てることと、ママ自身の体の健康を守ることが第一だわ!
そこで、健康のサポートとして取り入れたいのが栄養豊富な青汁なの!

カロリーを抑え、バランスの良い栄養を摂るには、魚と野菜を中心とした和食がおすすめです。
特に栄養バランスを考えると野菜は重要です。
こうした食生活のサポートにぴったりなのが青汁です。
青汁は、低カロリーなのに摂れる栄養素の種類も量も豊富です。
なぜなら青汁は、もともとの栄養価が高いケールや大麦若葉、明日葉などといった緑黄色野菜が主原料になっているからです。

産後ダイエットに効果的な青汁の栄養素

青汁の栄養素ビタミン・ミネラル

ダメージを受けている産後の身体は、タンパク質やビタミン類、ミネラル類といった栄養素をより多く必要としています。
とはいえ、母乳育児を行っていても摂っていいカロリーは通常にプラス350kcalほどです。
これでは単純に食事の量を増やすというわけにはいきません。
むしろ、野菜やフルーツといったビタミンやミネラルがたくさん含まれた食材を多く摂るようにすることが大切です。

青汁の豊富なビタミン・ミネラル

青汁は、こうした栄養補給にぴったりです。
青汁には、緑黄色野菜に含まれたビタミン類やミネラル類がたっぷりです。
カロリーは低いので、食事をちゃんと食べたうえで青汁をプラスしてもカロリーオーバーの心配はありません。

そのうえ、青汁には出産後の身体をケアする葉酸カルシウムなどもバランスよく含まれています。
青汁は産後ダイエットのサポートのみならず、身体のケアにも役立ちます。

人工添加物フリーな青汁がおすすめ

また、添加物などは母乳に即影響を与えますが、青汁は無添加のものもありますので、そちらがおすすめ。
冷凍や粉末など青汁のタイプはいろいろありますが、基本的に緑黄色野菜を絞ってそのまま冷凍したり、栄養価を落とすことなく粉末にしてありますので、安心です。

産後ダイエット時の青汁を飲むタイミング

青汁を飲むタイミングは、基本的にいつでも大丈夫です。
食事のときに野菜不足を感じたタイミングでもいいですし、ちょっと小腹が空いた時に青汁を飲んで食べたい欲求を抑えるのも良い方法です。
ただ、ダイエットが目的なら夜に飲むのがおすすめ
母乳を与えている間は、置き換えダイエットなどはできませんので、食事に青汁をプラスして飲むのがおすすめです。

産後ダイエットにおすすめの青汁は?

それでは、産後のダイエットにイチオシの青汁を紹介していきます。
二種類ありますので、自分に合っている方の青汁で産後ダイエットをはじめてみるのもいいでしょう。

フルーツの甘味で満足感をプラスする「すっきりフルーツ青汁」

すっきりフルーツ青汁

「すっきりフルーツ青汁」は、大麦若葉とクマザサ、明日葉を主原料にして緑黄色野菜の栄養価をよりバランスよく整えてあります。
しかもフルーツや野菜のエキスを加えてあって、フルーツの風味がほんのり甘い口当たりになって青汁の飲みやすさにつながっています。

また81種類の酵素や乳酸菌が配合された青汁なので、腸内環境をしっかり整えてくれます。
体内環境が整うと、代謝が促されたり、血行が良くなったりするので、青汁を飲むことで産後ダイエットに加え、体調回復のサポートにもなります。

フルーツの風味がちょっとしたおやつ代わりの満足感も与えてくれるので、食べ過ぎ予防にもつながります。

明日葉の根の栄養までしっかり入った「ふるさと青汁」

ふるさと青汁

今日葉を摘んでも明日にはまた新芽が出るほど強い生命力を持つことから名のついた明日葉を原料にしているのが「ふるさと青汁」です。

この青汁の原料である明日葉は、実はスーパーフードであるケールよりも栄養価の高い緑黄色野菜です。
その明日葉のなかでも特に注目の根っこまでしっかり使って青汁を作っています。

そのおかげで明日葉特有の栄養素、免疫力を高める「LPS」がたっぷり。
もちろんママに必要なビタミンやミネラルも豊富に含有しています。
しかも、明日葉はすっきりした味わいの野菜なので、青汁になっても飲みやすいと好評です。

妊娠中からママになっても安心して飲める青汁です。

↓マタニティーマークとタイアップした「ふるさと青汁」についてまとめた記事です!

【副作用はない?】ふるさと青汁は妊婦さんでも飲める安心の青汁

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.