ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

汁の味に関しては、あまり良いイメージを持っている方は少ないと思います。
この味というのがやっかいなもので、一度苦手と感じてしまうと克服しにくいものなのです。

また、苦手な味を毎日飲み続けることほど、厳しいことはないです。
健康のために青汁を飲んでいても、かえってストレスが溜まってしまうのではないでしょうか?

これでは本末転倒です。
やはり、おいしい青汁を飲みたい!ということで、味にこだわった青汁を探してみました。

味がまずい?粉末青汁のデメリット

青汁のデメリット

青汁は、日々の野菜不足を補うために飲む健康サポートドリンクです。
ですから青汁は毎日継続することが何よりも大切です。
ところが、青汁の味が苦手と感じてせっかく買ったにもかかわらず挫折してしまう人は少なくありません。

挫折してしまう人が購入している青汁は、1種類の原料にこだわった冷凍もの粉末タイプが多いようです。

原料の栄養をそのままギュッと凝縮しているので、栄養素の種類の豊富さ、含有量の多さという点では優秀な青汁ですが、逆に言うと味は緑黄色野菜そのものです。
苦みやクセが苦手な場合は、1杯飲むことが結構大変だったりします。

しかし、青汁メーカーも飲みやすさは追求し続けています。
そういう方のために、味や飲みやすさに重点を置いて開発された青汁があるのです。
その1つがジュレタイプの食べる青汁です。

青汁ジュレやサプリメント青汁の登場

食べる青汁も何種類か販売されていて、ジュレ状になっているものも現れました。
すごいのは、青汁をジュレ状にすることで粉末タイプよりたくさんの緑黄色野菜の栄養素が入っているものがあるところです。
とはいえ、青汁に含まれる栄養素の量は、製品によって違うので青汁を購入する際、事前に確認することをおすすめします。

青汁ジュレのメリットは?

青汁をジュレタイプにすることでさまざまな栄養素を配合できるようになり、栄養バランスが強化されているものもあります。
例えば青汁ジュレにするために寒天を使用することで食物繊維がプラスされるといった具合です。

青汁をジュレ状にすることで他にもメリットはたくさんあります。
例えば、そのまま食べられる青汁ジュレは、水で溶かす手間もなくなり、持ち運びはもちろん、飲むタイミングも選びません。

何よりジュレにすることで、飲む青汁の短所である、味が格段においしくなります。
なぜなら食べる青汁が重視しているのは続けやすさだからです。
そのためジュレタイプなど食べる青汁には、味にこだわりがあるものが多いのです。

おすすめの食べる青汁ジュレ

黒糖抹茶ジュレ正面
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

食べる青汁ジュレタイプのなかで、おすすめなのが「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」です。
これは、北海道の大自然のなかに自生するクマザサをメインの原料にしている、栄養たっぷりのジュレ青汁です。
クマザサは食物繊維はもちろん、抗酸化栄養素やミネラルなどが豊富な生命力にあふれる植物で、独自の製法によってその栄養素を抽出、ジュレの青汁にしているのです。

さらにこのジュレの青汁には、腸内環境をサポートする乳酸菌やイソマルトオリゴ糖なども配合されています。
しかも、日本古来から伝わる発酵食品の文化を取り入れ、約40種類の食物を発酵・熟成させたエキスもこのジュレの青汁にプラスしています。

何よりも「おいしくなければ続かない」ということで、フードコーディネーターなど食のプロが関わって、妥協のない美味しいジュレの青汁を実現している点が見逃せません。
使われている甘味も黒糖やココナッツシュガーなど、ヘルシーなものがセレクトされ、抹茶の風味を引き立てています。
この味わいに加え、ちょっとした食べ応えもあるので、置き換えダイエットにもぴったりです。

難点は、さすがのこだわりが反映されたジュレの青汁だけあってちょっと割高な点です。
でも、定期購入にすれば常に10%OFF、毎回送料が無料になるので、続けるなら定期購入コースがおすすめです。

今まで青汁のあの味で挫折していた方にこそ、試していただきたいジュレタイプの食べる青汁です。

青汁ジュレの体験レビューはこちら

おすすめの食べる青汁サプリメント

クロレラが入ったステラの贅沢青汁

青汁の飲みやすさにこだわるなら、サプリメントタイプも要チェックです。
当サイトのおすすめは、錠剤タイプの「ステラの贅沢青汁」です。

この青汁の原料は、栄養豊富で健康にもいいと、単独でも健康食品として大人気のクロレラに加え、沖縄の秘草といわれる長命草、青汁の定番緑黄色野菜ケールをバランスよく配合しています。

この青汁、原料の栄養素がしっかり生きているから、ビタミン、ミネラル、食物繊維、葉緑素、アミノ酸がたった3粒で補えるのです。
しかも、苦みやクセのあるケールもサプリメントタイプになれば、味の心配をする必要はありません。

また、サプリメントタイプの青汁は、かさばらないからもち運びにも便利で、場所も時間も選ばず飲めて、手軽さNo1です。
手軽だからといって青汁を飲み過ぎると、食物繊維が過剰に働いて下痢を起こすこともあるので、注意が必要です。

とはいえ、サプリメントはその性質上、どうしても賦形剤が必要です。
ところがこのサプリメントタイプの青汁は、賦形剤を使用せずに錠剤状にできるよう開発し、体内ですぐに分解吸収されるよう配慮されています。
また、このサプリメントの青汁には保存料や着色料などは一切使用していません
わずかとはいえ賦形剤は使われていますので、妊娠中の方は避けたほうがいいですね。

今ならこのサプリメントタイプの青汁が、モニターコースで楽しめます。
もちろん2回目以降も40%OFFとお買い得価格で購入でき、送料も無料です。
いつでも解約できる点も青汁への自信を感じます。

サプリメントタイプの青汁を選ぶなら、ステラの贅沢青汁がおすすめです。

まずい青汁をおいしく飲むおすすめの簡単アレンジレシピ

青汁アレンジレシピ

せっかく購入した青汁の味になじめず、余らさせてしまっているという方もいるのではないでしょうか?
そういう場合には、アレンジレシピで青汁をおいしくできます。

一番簡単な青汁のアレンジといえば、青汁を水以外のほかのものに代えることです。
いつも冷蔵庫に入ったもので十分おいしくなるので、ぜひお試しください。

青汁の牛乳・豆乳割り
相性の良さは抜群!抹茶ラテのような味わいになります。
青汁に柑橘系フルーツのしぼり汁を投入
通常通り作った青汁にレモンやグレープフルーツのしぼって投入するとさわやかさがぐっとアップします。酸味が気になるときははちみつをプラスしてください。
青汁の市販のジュース割り
市販のジュースで割るのもおすすめ。はちみつなどの調整なしで飲みやすく味を変えられます。
青汁のクリーム系のインスタントスープに投入
本格的なシチューなどに加えてもおいしいですが、面倒な場合はインスタントのスープでも手軽でおいしくできます。
ヨーグルトの青汁がけ
ヨーグルトに青汁をかけて食べるのも定番のおいしさです。

まずい青汁が苦手な人に食べる青汁がおすすめ!まとめ

  • 冷凍タイプや粉末タイプは、緑黄色野菜そのものの味がするものがあるので、注意。
  • 青汁の味が苦手と感じたら、形状の違う青汁に挑戦する。
  • ジュレタイプ、サプリメントタイプといった食べる青汁は、持ち運びに便利で時間や場所を選ばずに飲める。
  • 食べる青汁は、栄養面でも粉末のものと大差がない。
  • 食べる青汁は、野菜の味が苦手な子どもでも食べやすい。
  • 粉末青汁が残ってしまったら、アレンジレシピを利用する。

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.