ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

果が高くて、続けやすいダイエットってないのかしら?というのは、誰もが持つ悩みです。
特に30代に入ると代謝が落ちて、これまでと同じやり方では痩せなくなって、無理をしてしまう方もいます。

本当は、無理せず手軽に、健康的にダイエットしたいというのが願いです。
そんなあなたには、スーパーフードとの呼び声も高い「大麦若葉」の青汁でのダイエットがおすすめです。

大麦若葉の青汁はダイエットに効果があるの?

青汁というと、野菜不足が気になる人が飲むもの、というイメージがあります。
しかし、青汁を飲んで野菜不足を補うことで生活習慣病の予防や改善に効果があったり、美肌にも良いことから、健康や美容に意識の高い人には欠かせない存在となっているのです。

特に大麦若葉は、その栄養バランスの良さで注目を集める青汁の原料です。
活性酸素を除去する超強力な抗酸化成分「SOD酵素」や、女性にうれしいビタミンB群などを豊富に含んでいます。

栄養は豊富ですが、大麦若葉の青汁にダイエット効果はあるのでしょうか?

青汁の代表的な原料、大麦若葉ってどんな植物?

大麦若葉は、その名の通り、大麦が穂をつけるずっと前、20~35cmほどに成長したところで収穫した若葉です。
この若葉には大麦として成長し、穂を実らせるための生命力に満ちた栄養素がギュッと凝縮されているのです。
大麦若葉

その葉を粉砕した後、搾汁し、青汁に仕上げているのです。
また、大麦若葉はその栄養価の高さから錠剤のサプリメントとしても人気です。

大麦若葉に含まれる栄養素・成分

大麦若葉に含まれた栄養素のなかでも代表的なのがSOD酵素です。
これは、強力な活性酸素除去パワーを持つ抗酸化物質です。

SOD酵素は体内で生成されますが、20代を過ぎると徐々に生成量が少なくなって、食品などから補給する必要がある栄養素なのです。
含有する食品が少ない栄養素なので、大麦若葉の青汁で補給できるのは覚えておきたいポイントです。

大麦若葉に含まれるトリプトファンは、幸せホルモン・睡眠ホルモンと呼び名がつく、セロトニン・メラトニンを作り出す成分です。
大麦若葉の青汁が快適な睡眠を導いてくれるというわけです。

他にも各種ビタミンやミネラル、食物繊維など、美と健康に欠かせない栄養素が複数含まれているのです。

▼大麦若葉ダイエットにおすすめな青汁

本当に痩せる?大麦若葉青汁のダイエット効果は?

ダイエット効果はあるの?

大麦若葉に含まれる数多くの栄養素は、どれも身体の機能を正常に保つサポートをしてくれるものです。
ですから、ダイエットに限らず、様々な効果が期待できます。
そのなかでも特にダイエットに効果のある栄養素をピックアップしてみましょう。

大麦若葉の食物繊維が腸内環境を整えダイエットを促進

大麦若葉に含まれた食物繊維は、腸内環境を整えるのに欠かせない栄養素です。
野菜に多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し、腸の蠕動運動を促します。
この働きが摂取した食品の通過時間を短縮させることにより、過剰な栄養の吸収を抑えます。
また、便の排せつを促しますので、腸内環境は改善されていきます。

こうした働きがダイエット効果をもたらしているのです。

大麦若葉のビタミンB群が脂肪燃焼をサポート

大麦若葉には数多くのビタミン類が含まれていますが、特にダイエットに効果が期待できるのはビタミンB群です。

ビタミンB群内の複数の栄養素が、タンパク質、糖質、脂質といった三大栄養素の代謝やエネルギーの生産をサポートします。
脂質に限らず、糖質やタンパク質も代謝が鈍ると脂肪となって蓄積されてしまうので、ダイエットを意識するなら特にビタミンB群は欠かせない栄養素です。
水溶性のビタミンで体内に蓄積できないので、毎日食品から補給する必要があります。

大麦若葉のSOD酵素が新陳代謝を活性化してダイエットのサポート

身体の老化に深い関係のある活性酸素を除去するパワーが強力なSOD酵素もたっぷり含まれています。
活性酸素を除去することで、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防・改善できるのです。

また、SOD酵素の効果が新陳代謝を活性化します。
細胞が生まれ変わるサイクルが若返るので、身体にたまった老廃物などを体外に排出する働きも良くなり、痩せやすい身体へと変化します。
活動するエネルギーも活発にするので、ダイエットに良い効果が二重三重に得られるのです。

▼大麦若葉の栄養成分で痩るカラダへ!

女性にうれしい大麦若葉青汁の美容効果

女性の美肌

上記の通り大麦若葉の青汁は、身体の機能を正常に整える栄養素を数多く含んでいます。
その結果、ダイエット以外にも美肌や美髪といった女性にうれしい美容効果がたくさん得られるのです。

大麦若葉の豊富なビタミン類で美肌・美白効果

新陳代謝を整えると肌のターンオーバーなどのサイクルが整い、美肌作りをサポートします。
また、大麦若葉の青汁に多く含まれるビタミンCやビタミンEといった成分は、抗酸化に加え、美白効果もバツグンです。

大麦若葉の青汁には、キメの整った白い肌に欠かせない栄養成分がたっぷり含まれているのです。

大麦若葉の抗酸化物質によるアンチエイジング効果

SOD酵素以外の抗酸化物質も豊富に含まれています。
美白とも関係がありますが、日焼け後などには特に活性酸素が大量に発生するので、ビタミンCやビタミンEといった抗酸化ビタミンを大量に摂る必要があります。

活性酸素を取り除くことで美容面でも健康面でも身体の機能を正常に整えられ、アンチエイジング効果が期待できます。

気になる大麦若葉青汁の味は?まずい?おいしい?

青汁というと、緑黄色野菜のクセやエグミがそのままあって、飲みにくいイメージがあります。
ところが、大麦若葉の青汁はすっきりさわやか、お茶に似た風味でおいしく飲みやすいのです。
この味の良さが、大麦若葉青汁の人気の理由でしょう。

また、豆乳などとブレンドすると、抹茶ラテのようなおいしさが味わえます。
これなら、豆乳に含まれる女性ホルモンに似た成分も同時に摂れて、一石二鳥です。

牛乳や市販のジュースなどとブレンドしてもおいしく飲めるのが特徴です。

▼大麦若葉のダイエットにおすすめの青汁

大麦若葉の青汁でダイエットをする際の注意点

注意点

飲みやすく、栄養豊富な大麦若葉の青汁ですが、飲み過ぎには注意が必要です。
特に食物繊維が豊富なので、飲み過ぎるとかえって下痢や便秘になることもあるからです。

また、いくら大麦若葉の青汁の栄養が豊富でも、青汁ばかりに頼るのはキケンです。
短期間の食事制限や1日1食程度の置き換えなら問題はありませんが、過度の食事制限は慢性的な栄養不足につながり、体調不良になるばかりか健康も美容も台無しになってしまいます。

青汁置き換えダイエットがおすすめ

青汁置き換えダイエット概要

青汁は、普段の生活にプラスするだけでも身体の機能をサポートする効果がありますが、ダイエットを強化するなら1日1食の青汁置き換えダイエットがおすすめです。

置き換えやすいタイミングで、食事を青汁に置き換えるだけで効果があります。
とはいえ、短期間でのダイエット効果を狙うなら、やはり夕食を青汁と置き換えるのがおすすめです。

夕食後は、眠るだけなのでさほどエネルギーは必要ありませんが、1日でもっともたくさん食べている方も多いようです。
また、寝る3時間前までに食べ終わらないと消化が終わらず、胃の中に食べ物が留まってしまい、結果的に太ることにもつながってしまうのです。

大麦若葉のダイエットにおすすめな青汁

大麦若葉が主原料の青汁でダイエットにおすすめなのが、大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、大麦若葉をベースに抹茶を配合し、より飲みやすさを追求したおいしい青汁です。
これに加えて、トクホの成分を配合しています。
この大麦若葉青汁で使われているトクホの成分は以下の2種類ありますが、どちらも生活習慣病を予防・改善するものです。

  • キトサン
  • 難消化性デキストリン

同時に、身体の機能を正常に保つことでダイエットにも効果が感じられます。
年齢や男女関係なく、すっきりとした体形で健康を保ちたい方におすすめの大麦若葉青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」は、悪玉コレステロールを下げるトクホの成分、「キトサン」が配合されています。
このキトサンが、コレステロールの吸収を抑えることで、すでに血中に存在するコレステロールの消費を促進し、トータルでコレステロールの値を低下させていくのです。

甘いものや脂っこいものをつい食べ過ぎてしまう方のダイエットにおすすめの青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリン

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン」は、小腸からの糖の吸収を穏やかにする働きがある「難消化性デキストリン」が配合されています。
難消化性デキストリンが食後の糖の吸収を穏やかにすることで、血糖値の上昇が穏やかになります。
血糖値が急激に上昇するときに分泌されるインスリンは、別名肥満ホルモンとも呼ばれる成分で、大量に分泌されることで糖を脂肪に変えてしまうのです。
しかし、血糖値の上昇が穏やかになれば、インスリンの分泌も抑えられ、その働きも穏やかになります。

太りにくい身体を作ってダイエットしたい方におすすめの青汁です。

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.