ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

青汁は飲み過ぎても効果UPするわけではない

青汁の飲み過ぎはよくない

青汁を飲み過ぎてしまう人にありがちなのが、「たくさん飲めばその分効果を得られる!」という勘違いです。

青汁は、あくまで健康食品の一種であり、青汁を飲んだからと言って病気が治ったり、著しく体の調子が良くなるといったものではありません。
日ごろの野菜不足による栄養不足を補う飲料として活用するものです。

私たちの体は、その時々で吸収できる栄養素量に限りがあり、栄養素によっては尿として排泄されてしまったり、体内に過剰に蓄積され悪影響を及ぼすものもあるのです。

そのため、青汁の飲み過ぎによる栄養素の過剰摂取は、体に良いというより、かえって体に負担をかけてしまうこともあると言う事です。

飲み過ぎのラインは?青汁を飲む量は1日に1~2杯が目安

ほとんどの青汁は、1日におよそ1~2杯を目安に飲むことがメーカーより推奨されています。

青汁のパッケージにも、1日の目安量が記載されているので、飲み過ぎず目安を守り効率良く栄養素を吸収することを心がけましょう。
使われなかった分の栄養素のことを考えると、場合によってはもったいないことにもなりますので、飲み過ぎは控えた方が良いでしょう。

青汁を飲み過ぎると副作用があるって本当?

注意点・副作用

よく耳にするのは、「青汁は体に良さそうだけど、飲み過ぎると副作用もあるのでは?」という疑問です。
結論から言うと、青汁は薬ではないため「青汁の副作用」自体はありません

しかしメーカーでも注意書きがあるように、以下のような疾患を持っている人や薬を服用している場合は、青汁を飲むにあたって注意が必要です。

  • 腎臓機能が低下している、人工透析を受けている人
  • 特定のアレルギーを持っている人
  • C型慢性肝炎を患わっている人
  • 甲状腺に異常がある人

これらに当てはまる、もしくは心配な点がある方は、必ず医師に相談するようにしましょう

さらに注意しておきたい人や相性が悪い食材・成分については、以下のリンクで詳しく紹介しています。

青汁の飲み過ぎで栄養素の過剰摂取の心配も

青汁の良過ぎで栄養素の過剰摂取

青汁の栄養素の中には、過剰摂取によって健康障害を引き起こす可能性のあるものもあります。
これは、青汁の飲み過ぎだけに言える事ではなく、特定の栄養素を摂取するサプリメントなども同様です。

青汁を飲み過ぎる、というよりかは特定の栄養素を摂り過ぎることに注意が必要です。

青汁の飲み過ぎで『脂溶性ビタミン』の過剰摂取

特に「脂溶性ビタミン」と言われる水に溶けないビタミンは注意が必要と言われています。
脂溶性ビタミンとして、

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

などが挙げられます。

これらの脂溶性ビタミンは、使われなかった分が脂肪細胞や肝臓に蓄積され、過剰に蓄積されると吐き気や疲労、食欲衰退や皮膚の乾燥などの過剰症を引き起こす危険性があります。

ですので、青汁の飲み過ぎによって、これらの栄養素の過剰摂取が懸念されるのです。

一方、水溶性ビタミンであるビタミンCやビタミンB群は、過剰に摂取してしまったとしても余った分は尿として排泄されるため過剰症の心配はありません。

青汁の飲み過ぎは良くない?下痢や便秘になることも?

%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%8c%e5%bc%b1%e3%81%84%e4%ba%ba

青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維と言えば、腸内環境を整えることで、便秘解消や肌の調子をよくする働きがあります。

しかし、青汁の飲み過ぎによる食物繊維の過剰摂取で、かえって下痢便秘になるという報告もあります。
特にお腹の弱い人は飲み過ぎには注意しておきたいです。

青汁の飲み過ぎによる添加物の心配

難消化性デキストリン 粉末

青汁にも添加物が含まれているものがあります。
添加物というと、体に悪いものという印象が強いですが、私たちが普段食べているものにも添加物はかなりの頻度で使われています。

添加物はご存知の通り、甘みや匂いを与えたり、保存・着色等で使用されます。

安全性の面が気になるところですが、基本的には国が有効性を認めたものしか使用できない決まりになっていて、人体に悪影響が出ないよう管理されています。
少々納得できない部分はありますが、実際商品として売っているのですから納得せざるを得ないです。

ただ、一口に添加物と言っても人工添加物と自然添加物では大きく変わってきます。

トクホの青汁などに含まれる添加物

最近トクホの製品などで難消化性デキストリンという食物繊維の一種が添加物として使用されていますが、これはトウモロコシ由来の天然成分ですので、添加物と言えど安心感があります。

このように、自然由来のものがあったり、普段の食事にも添加物は含まれている事実から、あまり神経質になる必要はなさそうです。
ただし、それでも気になる方は、保存料など人工添加物が使われている青汁は控えるようにしましょう。

人工添加物が使われていない安全な青汁は?

健康志向の方にはやっぱり、人工添加物が含まれていない青汁が良いでしょう。
また、より安全性を気にするならオーガニック(有機栽培)の原料を使った青汁がおすすめです。

国産明日葉・大麦若葉にこだわった【ふるさと青汁】

ふるさと青汁

健康食品専門メーカーから出た青汁
ふるさと青汁は、健康食品界でも王道のマイケアから登場した青汁です。
全て有機栽培で育てられた国産の原料を使用している、人気のオーガニック青汁です。

ふるさと青汁のおすすめポイント

  • 安心の国産原料使用(明日葉・桑の葉・大麦若葉)
  • 特定の栄養素でケールを上回る明日葉を使用
  • 農薬・化学肥料に頼らない原料使用
  • 人工甘味料・保存料不使用

原料として使われているのは、明日葉をはじめ、桑の葉や大麦若葉など、ケールと比べて味やにおいにクセがなく、飲みやすい青汁が作れることでも近年注目されている素材です。
そのため、子供から大人までおいしく飲むことが出来る青汁ですのでおすすめです。
全て国産と言うところも安心ですね!

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e9%9d%92%e6%b1%81%e5%8e%9f%e6%96%99

また、明日葉にしか含まれない、黄金のポリフェノール『カルコン』もしっかり含まれており、カルコンには脂肪燃焼作用や血糖値を下げる作用、解毒作用が期待できます。

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%b3

初回限定で2週間分(14包)のサンプルがおまけで付いてくるキャンペーン中です。
2週間のサンプルで、満足できなかった場合の全額返金保証もあるので安心です!

↓妊婦さん必見の記事!!!「ふるさと青汁」とマタニティマークのコラボ?

無添加化粧品のファンケル『本搾り青汁』もおすすめ!

無添加化粧品でおなじみのファンケルは、健康食品の分野でも自然の素材にこだわる本格派。昔ながらのシンプルな青汁を飲みやすいテイストに進化させて発売中。実際に飲んだ、そのレビューをご紹介しています。

青汁の飲み過ぎ・摂取量目安は?まとめ

青汁は、野菜と同じ扱いなので、これといって飲む量の規定はありません。
各メーカーでも推奨されているように一般的には、1~2杯を目安に飲みすぎないようにしましょう。

普段野菜を食べる量が少ない人は、2杯ほどを目安に飲んでおきたいです。

上述したように、過剰症の可能性がある栄養素があることから、青汁が体に良いからと言って極端に飲み過ぎるのも良くない場合もあります。

なにより、量を飲むことよりも継続して飲むことが大切なので、1日1~2杯を半年以上継続できれば実感できるでしょう!

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.