ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
妊活・妊娠準備に青汁がおすすめ?
最近「子供が欲しいけど中々できない・・・」っていう人が増えていて、”妊活”という言葉をよく耳にします。
私もそろそろ考えなきゃいけない年頃になってきたので、先生に色々教えて頂きたいです!
妊活かあ・・・確かに不妊症に悩む人や、積極的に妊娠の準備を行う人が増えているかもしれないわね。
でも、妊活といっても具体的にどんな準備をした方が良いのが分からない人も多いでしょうね。
そうなんです!
常に万全な状態でいるためにどういった準備をすればいいのか是非教えてください!
分かったわ!
まず初めに知っておきたいことは、「不妊になる原因」ね。
これには個人差がすごくあるから一概にコレ!とは言えないんだけど、一般的に大きく挙げられるものとしては3つあるの。
1つ目は女性のホルモンバランスの乱れ
2つ目にストレスなどによる自律神経の乱れ
そして3つ目に男性側の性機能の低下が挙げられるわね。
なるほど~、ホルモンバランスの乱れやストレスは確かに悪影響がありそうですね。
それと、男性側にも不妊の原因があるかもしれないっていうのは初めて知りました!
そうね。不妊は女性側だけの問題ではなく、パートナーと2人で解決していく問題なの。
だからこそ、今回紹介する不妊改善の方法は、パートナーと2人で実践してほしいわ!
妊娠しやすい体をつくる5つの習慣として以下のことが挙げられるの。
・体を冷やさないこと
・無理なダイエットをしないこと
・質の良い睡眠をとること
・適度な運動をすること
・栄養補給をしっかりすること
基本的には、この5つを意識して普段の生活を送ることが大切なのよね。
簡単なようだけど、習慣にするのは中々難しいです・・・
でも、これを継続して実践していくことか大切なんですね!
その通り!健康でも美容でも地味かもしれないけどコツコツと毎日の積み重ねが大事なの!
でも今回は、この習慣をサポートする「心強い味方」を紹介するわ!
それは・・・・栄養豊富な青汁がおすすめなの!
えええ!?妊活のサポートに青汁が良いんですか?
たしかに健康や美容にいいことは知っていましたが・・・どのように良いのでしょうか?
青汁は栄養豊富で、妊活中に必要と言われる栄養素が含まれているの。
例えば、細胞の増殖やDNAの形成・血を作る為に必要になる「葉酸」、ホルモンの合成や分泌・生殖機能をサポートする「亜鉛」などが青汁に含まれているわ!
すごいですね。まさか青汁にこれらの栄養素が含まれていたとは知りませんでした!
5つの習慣青汁で妊活のサポートも充実しそうですね!

↓ 記事にすすむ ↓

近よく、「妊活」という言葉を耳にするようになりました。
妊活とは、妊娠に関する知識を身に付けたり、妊娠する体の準備を整えることです。

しかし、この妊活と言う言葉が流行っている半面、子供が欲しいけどできない「不妊」の話もまた多く耳にします。

実際のところ、不妊症に悩む人も多く治療や対策を紹介するメディアも増えています。

では、何が原因で不妊になってしまうのでしょうか?不妊を改善する対策はないのでしょうか?
また、栄養豊富な青汁が妊活中に有効だという話もご紹介します。

子供が欲しい人、妊活中に知っておきたい不妊の原因とは?

出産の準備

不妊になる原因として一般的に挙げられるものは、

  • 女性のホルモンバランスの乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 男性の性機能の低下(男性側の問題)

などが主な原因とされています。

これらは、妊娠しやすいタイミングの指導で解決する場合もあれば、排卵を誘発したり、子宮や卵巣、卵管の機能の治療が必要な場合など、深刻なものもあります。

生理痛や生理不順を改善することはもちろん、赤ちゃんがお腹に宿った後は10ヶ月の間、育てなければなりません。

お母さんの体調がダイレクトに赤ちゃんに影響するので、子宮の環境やお母さんの健康状態、精神状態も大切です。

赤ちゃんが居心地良い環境を整えてあげることが、妊娠・出産を無事に迎える1つのコツといえるでしょう。

妊活中にお酒は飲んでいいの?

妊活中の飲酒はダメ?

妊娠中の飲酒は、胎児にも影響が出ると言われていますが、妊活中の飲酒は妊娠に影響するのでしょうか?

結論から言いますと、妊活中の飲酒による、妊娠しやすさへの影響ははっきりしていないというのが現状です。
しかし、お酒を飲みすぎることは、健康体であっても体に悪いと言われているように、妊活中であることとは関係なく体に負担がかかってしまうものです。

過剰な飲酒によって体に溜まるストレスは、少なからず健康にも影響するため、妊活中の飲酒にも注意が必要です。
妊活中にお酒を飲む場合は、飲みすぎないようを心がけましょう。

また、妊活中にお酒を飲むのであれば、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれる赤ワインがおすすめと言われています。

妊活・妊娠中の注目の栄養素『葉酸』とは?

葉酸

最近、妊娠中や妊活中の方が特に摂っておいた方が良いと言われる葉酸という栄養素をご存知ですか?
葉酸を使ったのサプリメントなども多く登場しており、ますます注目されています。

では、注目の葉酸についてご紹介します。

葉酸(ようさん)
葉酸は、過剰摂取の心配がない水溶性のビタミンで、別名「ビタミンM」や「ビタミンB9」と呼ばれることもあります。
造血のビタミンとも言われており、ビタミンB12と協力し赤血球の形成をサポートするビタミンです。また、細胞分裂をサポートしたりと、葉酸は生命活動に大きく関わりがあります。

妊活中~妊娠中の葉酸の役割・効果とは?

そんな葉酸が、妊娠中・妊活中に必要と言われる理由は以下の通りです。

妊活中
子宮内膜を厚くし、着床する確率を上げることが出来る。
子宮の健康を維持し、受精卵の成長をサポートする。

矢印

妊娠初期
胎児の成長をサポート、先天性リスクの低減。

矢印

妊娠中期~後期
胎児に栄養を送るために必要な血液の生成サポート。
上記貧血の予防。

など。
妊活中から妊娠初期~後期にかけて、葉酸が必要とされる理由が分かります。

妊活におすすめ!葉酸が多く含まれる食べ物は?

葉酸が多く含まれる食材として、以下のものが挙げられます。

レバー ほうれん草 枝豆
モロヘイヤ ブロッコリー 焼き海苔
納豆 グリーンアスパラガス 春菊

など。

このように葉酸は身近な食材にも含まれているので、スーパーなどで見つけた際には是非食事にも摂り入れてみましょう。

不妊改善・妊娠しやすい体を作る5つの妊活習慣

女性の妊活

女性のホルモンバランスの乱れやストレスの原因は、日常の生活習慣が大きく関わっています。
妊娠しやすい体づくりを行うために、生活を見直す必要があのです。

子供が欲しいけど、どう準備すればいいかわからないという方は以下の5つの習慣を実践してみましょう。

  1. 妊活中は身体を冷やさない
  2. 妊活中は無理なダイエットは行わない
  3. 妊活中は質の良い睡眠をとる
  4. 妊活中は適度な運動をする
  5. 妊活中の栄養補給は大切

妊活習慣1:妊活中は体を冷やさない(体温を保つ)

体が冷えるということは、血流が悪く新陳代謝も悪くなっているため、卵巣機能や黄体機能などの生殖機能低下を招きます。
特に女性は、男性に比べ血管が細いと言われていますので、冷えによる体温低下には気をつけましょう。

妊活に影響が出るだけでなく、健康に状態も影響がでますので普段から意識して体を冷やさないようにしましょう。

妊活習慣2:妊活中の無理な食事制限・ダイエットは注意

食事を制限したり、急激な体重の変化はホルモンバランスの乱れを生む原因になります。
また、ダイエットをしているとストレスも溜まりやすくなるため、自律神経の乱れも招く可能性もあります。

ダイエットの怖いところは、食事制限などによる栄養不足です。
体重は減っても、体をつくる組織や免疫力にも影響がでる可能性が高いので、無理なダイエットはやめましょう。

妊活習慣3:妊活中は質の良い睡眠をとる

不妊に限らず、ほとんどの健康不良の原因は、睡眠の質の低下だと言われています。
女性ホルモンの分泌には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが大きく関わるため睡眠はとても大切な役割を担っています。

また、質の良い睡眠は自律神経を整える事も出来るので、1日7時間ほどの睡眠を心がけましょう。

妊活習慣4:妊活中は適度な運動をする

筋力の衰えは冷えや生活習慣病などの原因になります。
普段から運動をする習慣のない人は多くいますが、体調不良や身体機能の低下は運動不足によるものがほとんどです。
運動をする事で全身の血行も良くなり、生殖器官への血流も増加し、妊娠に必要な卵巣機能などの働きも活発化します。

特にウォーキングなどの下半身を動かす”軽度の運動”がおすすめです。

妊活習慣5:妊活中の食事・栄養補給は大切

私たちの体は、食事などから摂り込まれる様々な栄養によって支えられています。
栄養バランスがしっかり摂れていないと、体調を崩す事もあるように妊娠の準備にも必要とされる栄養素があります。
特に現代人は、主に野菜などから摂取できる葉酸などのビタミンや亜鉛などのミネラルが不足しがちなので、栄養バランスを意識した食事を摂りましょう。

ダイエットや好き嫌いも栄養不足の原因になるので、気を付けましょう。

青汁の栄養素が妊活のための体質改善をサポート?

妊活中に摂っておきたい栄養素

栄養豊富な野菜を原料とする青汁ですが、実は不妊の改善サポートに効果が期待できる栄養素が含まれています。

青汁の栄養素は、普段の食事からでは中々摂取することが難しかったり、不足しがちになってしまうため青汁で効率良く摂取していきましょう!

特に不妊改善に効果が期待できると言われる栄養素は以下のものです。

  • 葉酸
  • カルシウム
  • 亜鉛

これらの栄養素の期待できる効果を見ていきましょう。

青汁に含まれる『葉酸』の効果で受精卵を着床しやすく!

葉酸は、受精卵を着床しやすくし、赤ちゃんの体を作るのに重要な役割を果たします。

上記で解説下通り、葉酸は生命活動をサポートする栄養素です。
DNAやRNAなど遺伝情報を保存し、遺伝情報通りに身体を作るといったときに葉酸が重要な役割を果たします。
細胞分裂が盛んに行われる妊娠初期に特に葉酸が必要と言われており、神経や脳が作られるときに重要な役割を果たします。

また、葉酸はビタミンB12とともに血液を作る働きもあるので、貧血気味の方は是非摂っておきたい栄養素です。

葉酸は、妊活中から妊娠後期・授乳期にかけて必要とされるビタミンなので要注目です。
葉酸が多く含まれる大麦若葉の青汁がおすすめです。

受精に必要な『カルシウム』を青汁で摂取!

不妊治療でよく病院で指摘されるのがカルシウム不足です。
カルシウムが不足すると、精子・卵子共に活発な動きが出来なくなり、受精の確率が低くなってしまいます。

また、カルシウムの不足によって妊娠中毒症や妊娠腎などの妊娠の合併症の原因になることも明らかになってきたので、カルシウムの重要性が注目されてきました。

ご存知の通り、カルシウムには骨を強化する働きもあるので、丈夫な体づくりを行うために必須の栄養素です。
カルシウムはケールの青汁に多く含まれいています。

ホルモンをサポート!青汁に含まれる『亜鉛』の効果!

ホルモンの合成や分泌量の調節など、ホルモンの働きをサポートするのが亜鉛です。
亜鉛は細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が多く行われる部分で活躍する必須ミネラルなので、葉酸と同じく受精卵の細胞分裂にも必要とされています。

また、女性だけではなく、男性の生殖機能をサポートするのも亜鉛の特徴です。
精子の生成や運動量を促進する作用など妊娠において必須な栄養素です。

男女ともに必要とされる栄養素なので、パートナーと一緒に摂取できるとなお良いですね!
亜鉛をはじめとする多くのミネラルが含まれる大麦若葉を使用した青汁がおすすめです。

妊活中は葉酸サプリじゃダメ?青汁との比較と副作用の危険

妊活中に欲しい栄養素をピンポイントで摂るなら、サプリメントでも良い気がします。
しかし、サプリメントではなく青汁を推奨する理由が3つあります。

1つ目は、サプリメントの添加物の危険性。

サプリメントを作る際に添加物の使用は必要不可欠と言われており、「粉を固める」「保存期間を延ばす」「カプセルの原料」ために添加物が必要になります。

添加物と言っても、安全性が確認されているものを使用する義務がありますが、妊活・妊娠の準備での栄養補給で添加物が含まれるサプリメントはできるだけ控えたいところです。

葉酸や亜鉛などのサプリメントも多く見かけるようになったので、購入を検討している方は、確認を心がけましょう。

2つ目は、サプリメントの副作用の危険性です。

栄養素の中には過剰摂取によって副作用がでる可能性があるものもあります。
サプリメントは簡単に飲めてしまうため、効果を期待して多く飲んでしまった経験がある人も多いと思います。

例えば、葉酸は水溶性のビタミンですので、食事等で過剰摂取になることはほとんどないと言われています。
しかし、サプリメント等で葉酸を過剰摂取をした場合、発熱や呼吸障害を伴う「葉酸過敏症」を引き起こす場合もあります。

栄養素は、摂取量を守ってこそ効果が実感できるものなので、適量を摂取できる青汁の方が栄養補給に向いているでしょう。

3つ目は、青汁の栄養補給のバランスの良さ。

青汁には、スーパーフードとも呼ばれる栄養豊富な野菜・植物が使われており、青汁だけで摂取できる栄養素が豊富なためおすすめです。

また、栄養素は単体よりも、様々な栄養素の組み合わせによって働きが強くなるものも多いので、それらをまとめて摂取できる青汁は栄養補給の効率が良いといえるでしょう。

葉酸はビタミンB12との協力で血液の生成をサポートしたり、亜鉛の吸収率を上げるビタミンCなど、栄養素の相性は大切です。

子供が欲しい人必見!妊活・妊娠中におすすめな青汁はこれ!

食生活でどうしても偏りがちになってしまったり、不足してしまう野菜類は不妊に影響してきます。
そのために、普段の食事+青汁を活用して妊活・不妊改善~妊娠中・産後のサポートをしていきましょう!

健康家族『初摘み若葉青汁』で葉酸・カルシウム・亜鉛をサポート

初摘み若葉青汁

不妊改善に効果的な葉酸・亜鉛を含む国産の大麦若葉と、植物由来のカルシウムを配合したハイブリット青汁です!

初摘み若葉青汁で使われる国産大麦若葉◆鹿児島県産の厳選された大麦若葉
初摘み若葉青汁に含まれる海藻◆厳しい安全基準を満たしたカルシウムのもととなる海藻

メイン原料の大麦若葉には、葉酸も含まれているので妊活中から妊娠中にかけて摂っておきたい青汁です。

他の食品と比較しても、優秀な栄養成分が含まれており、現代人に不足しがちな栄養を補える青汁です。

初摘み若葉青汁のおすすめポイント

  • 国産の大麦若葉を使用していて安心
  • 大麦若葉は飲みやすさ・続けやすさNo1
  • 妊活中に欲しい【葉酸】【カルシウム】【亜鉛】が揃っている

初摘み若葉青汁の栄養成分

もちろん不妊の改善には、生活習慣であったりタイミングが大切になってきますが、栄養補給の観点でいえば、中々これらの効果的な栄養素をいっぺんに含む青汁は珍しいので、この機会に青汁ライフを始めてみてはいかがでしょうか?

バナナなどのフルーツとミキサーにかけて美味しいスムージーも作れちゃいます!

初摘み若葉青汁レシピ

お得な定期コースもありますので是非チェックしてみてください!

初摘み若葉青汁 コース・価格

青汁で不妊・妊活サポートまとめ

  • 原因としては、主に食生活などによるホルモンの乱れやストレスなどによるもの。
  • 妊活から妊娠中にかけて効果が期待できる「葉酸」が注目されている。
  • 体の状態を万全に保ち備えることが不妊解決の第一歩である。
  • 青汁に含まれる「葉酸」や「亜鉛」、「カルシウム」、その他ビタミン類がホルモンバランスや生殖機能の改善に効果的。
産後のダイエットはフルーツ青汁がおすすめ!

フルーツ青汁は痩せないって本当?気になるダイエット効果

妊活関連記事

妊婦さんや子供は今すぐ摂りたい!葉酸の効果
野菜不足解消!子供の成長を青汁が応援!

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.