ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診断の結果のなかでも気になるものの一つが、コレステロールの数値。
その値が高い場合、心配しなければいけないのが動脈硬化です。
とはいえ、コレステロールは身体にとって必要な栄養素でもあるのです。

となると、どうコントロールすればいいのでしょうか?
そんな悩みにも青汁の栄養効果が応えてくれそうです!

下げたい候補No1?!コレステロールとは

砂糖たっぷりスイーツ

コレステロールのイメージと言えば、身体にとって不要なものという方が大半ではないでしょうか?
ところが実際は違います。
コレステロールは、身体を形作る細胞の材料の一つ。
必要量のうち、約8割が肝臓で作られ、残りを食事からの摂取に頼っています。
基本は、食事から摂る量に合わせて体内で作られる量は増減し、調整されるのです。

ところが!
そうです、今や、食事から摂る量が多すぎるんです。
現在の私たちの食生活は欧米型。
脂質が多いお肉中心の食事や卵やバターたっぷりの甘いものなどは、コレステロールが多く、たくさん食べると体内のコレステロール値に大きな影響を与えることになるんです。

全身の細胞の材料になるコレステロール

コレステロールは脂質の一種。
細胞膜のほか、男性ホルモンや女性ホルモン、脂肪の消化を助ける胆汁酸、ビタミンDなどの原料にもなります。
つまりコレステロールは、すべての細胞に必要な、なくてはならない存在なのです。
コレステロールは血液に乗って全身に運ばれ、その役割を果たします。

HDL(善玉)コレステロールの働き

健康診断の結果に表記されるコレステロールは、総量とは別に、LDLとHDLという2種類の量があります。
LDLが悪玉コレステロールHDLが善玉コレステロールと言われています。
この善悪は、その働きの違いによってついたものです。

LDLコレステロールは、肝臓から各細胞にコレステロールを運ぶのが役割。
一方のHDLコレステロールは、全身の細胞から余ったコレステロールを回収する働きがあり、血管の掃除をして肝臓へ戻すのです。

LDL(悪玉)コレステロールが動脈硬化の原因に

コレステロールによる動脈硬化

今や、このHDLコレステロールがいくらあっても足りないほど身体にはコレステロールが多く摂りこまれています。
しかも、HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスも問題です。
HDLコレステロールが低下してしまうとLDLコレステロールが回収しきれなくなってしまいます。
回収しきれなかった余分なコレステロールが血液壁に入り込み、血管を硬くしたり、コレステロールの塊をつくって血管の詰まりを引き起こしたりして、動脈硬化を起こすのです。

大切なことは、基準値の範囲内でコレステロールの総量を維持し、LDLコレステロールを減らして、HDLコレステロールを増やすこと。
2種類のコレステロールのバランスをとることが大切なのです。

コレステロール値を下げる方法!食事や睡眠、青汁が有効?

コレステロールの総量が基準の範囲を超えたり、LDLコレステロールが増えすぎてバランスが崩れると、健康に問題が出てきます。
やっかいなことにコレステロール値もサイレントキラー。
体内に溜まっていても、自覚症状が出ないのが怖いところです。

コレステロールの数値によっては下げるための対応策をしっかり考えなければなりません。

食事を見直してコレステロール値を下げる

コレステロールを見直すには、根本的に食事の内容を調整することが大切です。

LDLコレステロールが増えてしまう第一の原因は、やはりコレステロール自体が多い食事。
油の種類や量に注意を払わず摂取してしまうのは危険です。
もう1つ、炭水化物などの糖質の摂り過ぎです。
分解するビタミン類が足りなければ中性脂肪が増え、肥満の原因にもなります。
また、アルコールも要注意。
アルコールが肝臓で分解されるときに中性脂肪が作り出されるんです。
中性脂肪の増加は、LDLコレステロールが増える原因になってしまいます。

コレステロール値を下げる食品たち

コレステロールを下げるDHA・EPAを含むイワシ

コレステロール値を下げるためには、増やさない、あるいは吸収を抑える食事も大切です。
コレステロールを下げる食品として、DHA・EPAを含むイワシやアジなどの青魚、ビタミン類や食物繊維、ポリフェノールを含む野菜、レシチンを含む大豆などがあります。
これらの栄養素は、身体の酸化を防ぎ、コレステロールの吸収を抑えてくれます。
青汁には、こうした栄養素も含まれています。

減らしたい食べ物

動物性油脂に多く含まれる飽和脂肪酸の多い食べ物はなるべく避けたいものです。
●脂肪の多い肉・鶏卵・魚卵・バター等
●糖質の多い食べ物
●甘いもの・お菓子・アルコール等

多めに食べたい物

主に植物性油脂に多く含まれる不飽和脂肪酸の多い食べ物は多めに食べても大丈夫です。
●青魚(イワシ・アジ・サバ・サンマ等)
●植物油・オリーブオイル等
●食物繊維の多い食べ物
●野菜全般・きのこ類・海藻類・こんにゃく・豆製品

食生活を整えるための注意ポイント

●1日3食をきちんと摂り、栄養と量をバランスよく配分する。
●よく噛んで、時間をかけて食べる。
●深夜や寝る直前の飲食は避ける。
●アルコールは適量を守る。

十分な睡眠と適度な運動でコレステロールを下げる

睡眠中女性

コレステロールが増える原因の一つに運動不足が挙げられます。
キチンと身体を動かすことで、コレステロール値が下げられるんです。
これには、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が効果的です。

もう一つ欠かせないのが睡眠です。
睡眠が不足したり、ストレスが溜まったりすると、コレステロール値が高くなりがち。
コレステロール値を下げるもう一つの鍵は、運動と睡眠にあるのです。

  • 適度な運動を心がける(有酸素運動が効果的)。
  • 十分な睡眠をとる。
  • ストレスは溜めない。
  • タバコは吸わない。

青汁のコレステロール値を下げる効果

ステーキ

コレステロール値が高くなる原因は、食事です。
脂質の多いお肉を炭水化物と一緒にがっつり……。
せめて野菜もきちんと摂っていればまだ救われるところもありますが、そういう方はまれ。
ファストフードをはじめとする外食や便利なレトルトが中心になると、野菜を摂るのは相当意識しないと難しいのです。

これではコレステロールは溜まるばかり。
排出したり、吸収を抑えるには、野菜に多く含まれるビタミン類が必要です!
青汁には、こうした栄養素がたっぷり。
特にビタミンCやビタミンB群、食物繊維といった栄養素は、青汁の得意とするところです。

青汁に含まれるコレステロールを下げる栄養素

青汁写真

コレステロール値を下げるには、摂取量に気をつけ、吸収を抑えるとともに、排出量を増やすことも大切です。
それには、青汁に含まれる栄養素が大活躍。
青汁に含まれる栄養素が具体的にどのように働くか、確認してみましょう。

青汁のビタミンCが体外排出をサポート

胆汁酸にカタチを変えることで体外に排出されるコレステロール。
その働きを促進するのが青汁にもたっぷり含まれているビタミンCです。

逆に考えると、ビタミンCが足りないと胆汁酸が作られないのです。
基本的にコレステロールについては、これ以外に排出されるルートはないので、胆汁酸が作られないとコレステロールが排出されることはないということになってしまいます。
つまり、青汁に含まれるビタミンCは必須の栄養素。
ビタミンCは、他にもいろいろな場所で必要とされる栄養素なので、青汁などでしっかり補っておきたいですね。

青汁には活性酸素を抑制するビタミンA・Eもたっぷり

抗酸化作用のある野菜たちコレステロールが動脈硬化などを起こす原因を詳しく見ると、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化された状態になることで直接引き金が引かれています。
ですから、青汁にも豊富に含まれ、抗酸化作用を持つビタミンA・C・Eやポリフェノールなどの栄養素は効果的。
緑黄色野菜が原料の青汁の強みと言えます。
しかも青汁は、野菜をそのまま使っているものが多いのでポリフェノールなどの微量栄養素もしっかり摂れる製品が多いのです。
青汁は、LDLコレステロールが暴れだすのを抑えるのに効果的というわけです。

青汁にはコレステロール排出に効果的な食物繊維も!

コレステロール値を下げる効果的な栄養素として欠かせないのが食物繊維。
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、コレステロールの吸収を抑制するのは水溶性食物繊維です。
また、粘性がある水溶性食物繊維は、腸内でコレステロールをからめ取り排出するの働きも!
青汁は、食物繊維も不溶性と水溶性のバランスを考えて作られているのでこうした効果も期待できます。
気になる場合は、青汁の栄養成分を確かめて、水溶性食物繊維の多いものを摂ると期待した効果が得やすいですね。

青汁を豆乳で割ってレシチン効果も獲得!

血管壁にへばりついてしまったLDLコレステロールを血管壁から洗い流すようにはがし、HDLコレステロールが運べる状態にするレシチン。
HDLコレステロールが肝臓に戻してくれるので、血中のコレステロールが下がります。

青汁の豆乳割り?

レシチンが多く含まれるのが大豆や大豆製品。
青汁を割るのに相性の良い豆乳にも含まれています。
豆乳で青汁を割って飲めば、コレステロール値を下げる対策はばっちり!
青汁との併用をぜひお試しください。

コレステロールを下げるおすすめの青汁

コレステロールを下げる働きのある「キトサン」が入った「ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン」です。

ヘルスマネージシリーズと言えば、大正製薬から登場した、成分・効果が国に認められたトクホの青汁です。
また、同シリーズ「ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化性デキストリン」は、血糖値を下げる効果のある青汁として、以前ご紹介しました。ヘルスマネージパッケージ

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、

  • 国に効果が認められたトクホの青汁
  • 上述のコレステロールに効果的なビタミンや食物繊維が含まれる原料使用(大麦若葉)
  • LDLコレステロール値を下げる「キトサン」配合

コレステロールや日ごろの食生活が気になる方には是非始めてほしい青汁です。

青汁でコレステロールを下げる効果まとめ

  • コレステロール値が上がると動脈硬化の危険がある。
  • コレステロール値は、中性脂肪が増えると上がる。
  • コレステロールには、悪玉と善玉と呼ばれる種類があり、悪玉と呼ばれる種類が血液中をめぐってコレステロール値を全身に運び、善玉とよがれる種類は余った分を集めて肝臓に戻す働きをする。
  • 増えすぎたコレステロールはサイレントキラー、気づいたときには重篤な状態になっていることが多い。
  • コレステロールを排出するには、青汁に含まれるビタミンCが促進の手助けを行っている。
  • コレステロールが酸化するのを防ぐには、青汁に含まれる抗酸化ビタミンが効果的。
  • 青汁にはコレステロールの排出に役立つ食物繊維も含まれている。
  • コレステロール値を下げるのに効果的なポリフェノールも青汁には種類豊富に含まれている。

おすすめの人気青汁ランキング!

ふるさと青汁

ふるさと青汁
ふるさと青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 原料はすべて国産の安心な青汁
  • 明日葉しか持っていない黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 飲みやすさ、おいしさは青汁界随一
  • 明日葉の栄養価はケールと同等以上
価格・内容
通常価格:3,800円+税(3g×30包)
とくとく便:3,420円+税(3g×30包)
送料・支払方法
送料:600円(2箱以上購入またはとくとく便利用で無料)
支払方法:振込(郵便局・コンビニ)・代金引換

体験レビューコメント

口当たりは優しくほんのり甘みがあり、お茶感覚で飲める。
水でも美味しく飲めますが、牛乳や豆乳との相性がいい。
明日葉特有成分のカルコンは、むくみやダイエットに効果があるので、女性におすすめの青汁です。
お得な定期購入も「最低○ヶ月継続」などの縛りがなく安心!
若い女性

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める
価格・内容
通常価格:3,420円+税(6.8g×30包)※初回
定期お届けコース:初回1,000+税(6.8g×30包)※初回
送料・支払方法

送料:無料
支払方法:代金引換・クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

クセのない大麦若葉を使っていて、さらに抹茶の風味が上品さを醸し出しています。
トクホ成分の難消化性デキストリンが、生活習慣病対策や肥満の方に効果が期待できます。
トクホドリンクの中でもコスパが安く、続けやすいところがおすすめ!
お父さん

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 自然由来の81種類の酵素
  • 美肌効果が期待できる話題のプラセンタを使用
  • モンドセレクション受賞歴あり
  • 子供でも美味しく飲めるフルーツテイスト
価格・内容
単品購入:3,980円+税(3g×30包)
ラクトクコース:680+税(3g×30包)※初回
送料・支払方法
送料:単品購入702円・ラクトクコース無料
支払方法:クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

フルーツテイストの誰でもおいしく飲める青汁!
@コスメでの受賞や、モンドセレクション3年連続受賞などの実績あり。
81種類の酵素や乳酸菌、美容成分も含まれており若い女性にもおすすめの青汁です。
水だけでなく、100%のフルーツジュースなどと組み合わせても美味しく飲めます。
女の子

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.