ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

いグリーンが特徴のクロレラは、最近スーパーフードとして注目されています。
健康に良いというイメージはありますが、実際クロレラとは何なのか知らない人も多いと思います。

クロレラは、原料も植物のようだけど、本当はよくわからないし、どんな効果があるかも具体的には、あまり知られていません。
ところが最近は、クロレラが配合された青汁も登場し、話題になっています。

そんな健康食の最先端を行くクロレラについて、詳しく解説していきます。

青汁にも含まれる注目のクロレラとは?

淡水

クロレラchlorella)
淡水で育つ「藻」の仲間、植物性プランクトン。
細胞の中に豊富な葉緑素(クロロフィル)を持つため緑色なのが特徴です。

20数億年も前から存在していますが、私たち人間に発見されたのは19世紀末で、割と最近のことです。
これほど長い間、存在していることからクロレラの生命力の強さがお分かりいただけると思います。

その後、クロレラは研究が進み、1951年に大量培養に成功しました。
その効果が認められ、食品にも使われるようになったり、健康のためのサプリメントにも応用されるようになりました。
クロレラの健康食品としての歴史は、意外にも最近始まったようなものなのです。

クロレラは20種類以上ありますが、食用になるのはそのうちの4種類ほどです。
特に日本で多く使われているクロレラは、ブルガリス種という種類で、クロレラ種のなかでも最も優れていて健康への効果も高いとされています。

クロレラのおすすめサプリ

種類が豊富!クロレラに含まれる栄養成分

クロレラは、光合成で増殖しますが、その光増殖力は植物の数十倍で、増殖力と栄養価は驚異的です。
その栄養価の高さから健康と美容への効果に注目が集まりました。

クロレラの約6割は、三大栄養素の1つたんぱく質が占めており、体を作る良質なたんぱく質が摂取できます。

また、クロレラには、健康な身体に必要な栄養素がバランスよく含まれています。
その種類は、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸と種類が豊富です。
しかも、アミノ酸類は、必須アミノ酸と呼ばれる動物が体内で合成できないアミノ酸9種類を含む、18種類のアミノ酸を持っているのです。

ビタミン類
βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシンなど
ミネラル類
鉄分、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど

このように、ビタミン・ミネラルの種類が多く含まれているうえに、食物繊維葉緑素(クロロフィル)ポリフェノールなど、希少な栄養素も豊富です。

クロレラおすすめ青汁

細胞を健康にするパワーが強力!クロレラ特有のC.G.Fの効果とは?

動物も植物も細胞を2分裂させながら成長しますが、クロレラは24時間で4分裂するため、増殖のスピードが早く、生命力も強靭です。

クロレラは4分裂する

この驚異的な成長を支えるのが、クロレラに含まれるC.G.Fという特有の成分です。

C.G.Fは、Chlorella Growth Factor(クロレラ・グロース・ファクターの略で動物体成長促進因子とも言われています。

クロレラのC.G.Fは、細胞を活性化して再生を促進しているのです。
さらにクロレラのC.G.Fは、分裂そのものの働きを上げることでその細胞の能力も上げるとされています。

このようなクロレラのC.G.Fの働きは、さまざまな健康&美容効果があるとされていますが、なかでもアンチエイジングに高い効果が期待できます。

クロレラに期待できる健康・美容効果

女性の美容

クロレラに含まれる栄養素は、59種類ほどといわれています。
これに加えてアミノ酸が18種類あり、高い美容・健康効果が期待できます。

特に注目は、ルテインやβカロテンといった抗酸化作用の強い栄養素が高い含有量で含まれている点です。
活性酸素を抑える効果が期待できるこれらの成分は、生活習慣病やアンチエイジング対策に力を発揮してくれます。

クロレラがpHバランスを整えて生活習慣病の予防改善効果

人間の本来あるべき身体のpHバランスは、弱アルカリ性です。

pHバランスとは身体の健康を維持するための水素イオン濃度のことです。

ところが、肉類や砂糖、脂質が多い食事を摂ることで酸性に傾いてしまいます。
こうなると血液がドロドロになり、細胞も酸化し、血管もどんどん老化していきます。
こうして生活習慣病を患い、メタボや動脈硬化など健康状態が悪化していくのです。

そんな状態の身体に効果が期待できるのがクロレラです。
実はクロレラは、「アルカリ性食品の王様」と呼ばれており、クロレラを飲むことで酸性に傾いた体内のpHバランスを正常に戻してくれます。

また、生活習慣病を患うような状況になっていると体内は活性酸素でいっぱいです。
クロレラに含まれる抗酸化物質が活性酸素を除去し、生活習慣病の予防・改善に効果を発揮してくれるのです。

クロレラの栄養が細胞レベルに作用し美容・アンチエイジング効果!

クロレラは、強力な抗酸化作用を持った栄養素が多いので、細胞の老化を防いで見た目の若々しさを保つはもちろん、身体のなかから若さを保つ働きに優れています。

クロレラのこうした働きは、美容に欠かせないアンチエイジング対策に効果を発揮してくれます。
例えば、加齢による肌への影響は、シワやくすみとなって表れます。
こうした原因を作るのが活性酸素ですが、クロレラの抗酸化物質が活性酸素を取り除いてくれるのです。

活性酸素は日々増えていくので、クロレラを継続的に摂ることが必要です。

また、クロレラのC.G.Fは、細胞の成長を促す働きが強いので、肌のターンオーバーを効果的にサポートしてくれます。

クロレラに含まれるミネラルの1つ、マグネシウムは、体内の300種類以上の酵素の働きをサポートしています。
こうした酵素が代謝を高めて肌などの細胞の生まれ変わりを促すのです。

このようにクロレラは、細胞レベルからアンチエイジング対策を効果的にサポートしてくれるのです。

腸内環境が整い代謝もアップ!クロレラがダイエットに効果的

クロレラには腸内細菌を整えてくれる食物繊維が豊富に含まれています。
特に水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類ともが含まれているのがポイントです。
腸内をきれいにしてデトックス効果が得られるばかりか、善玉菌を増やし、腸内環境の改善効果も期待できます。

その結果、代謝が上がり便秘も解消され痩せやすい身体になるため一石二鳥です。

また、クロレラに豊富なアミノ酸には、代謝を良くして脂肪を燃焼させる効果も期待できます。

クロレラに含まれた栄養素の働きが重なって、ダイエットにもより高い効果が得られそうです。

クロレラおすすめ青汁

 

クロレラにもある?!注意点や副作用

クロレラは淡水で成長する植物プランクトンを水分を抜いて栄養をギュッと凝縮して作ったものです。
食用に利用できるものを培養しているので、基本的にクロレラの副作用等の危険はありません。

とはいえ、体質に合わない場合や摂取しすぎた場合、嘔吐や下痢といった症状が出ます。
これはクロレラをはじめとする、消化されにくい緑藻植物の特徴です。
胃腸に弱い人やストレスで胃腸が弱っている場合には、過剰摂取を控えたほうがいいでしょう。

健康被害の例の1つに、肝機能障害や急性肝不全もあります。
適量を守っても、こうした症状が出る場合もあるので、その際はすぐに摂取を止めましょう。

また、クロレラに含まれるクロロフィルは日光アレルギーを発症すると言われています。
クロレラを摂ったあとに、湿疹や水膨れが出来たり、かゆみが出たら摂取を中止しましょう。

一度でも疑われるようなことがあったら、医師に相談することをおすすめします。

クロレラ入りのおすすめ青汁!「ステラの贅沢青汁」

クロレラが入ったステラの贅沢青汁

緑黄色野菜の栄養がたっぷりの青汁を、さらにクロレラの栄養で強化したのが「ステラの贅沢青汁」です。
無農薬で作られたケールと沖縄の伝統野菜である長命草と福岡で培養されたクロレラをブレンドした青汁です。

ケールは最近、スーパーフードとして注目を集める緑黄色野菜です。
長命草は、沖縄伝統野菜のなかでも抗酸化作用が強力なポリフェノールの含有量№1。
沖縄の秘草の1つと言われています。

クロレラは、17種類のビタミン、7種類のミネラル、18種類のアミノ酸に食物繊維や葉緑素(クロロフィル)が入っています。
しかも、細胞壁が薄いので、体内での吸収性に優れています。

また、「ステラの贅沢青汁」が画期的なのは、青汁なのに錠剤という点です。
これなら、ササっと手軽に飲めて、味を気にすることもありません。
しかもこの青汁は、錠剤なのにクロレラの粘りで固めているので、添加物はいっさい使っていません

1/3の人が飲み始めて1カ月以内に効果を実感したという実力派の青汁です。
クロレラ入りで飲みやすく、安心して続けやすい青汁です。

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.