ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

トピーとは、正式名称『アトピー性皮膚炎』のことで、湿疹により皮膚の強いかゆみを伴い、肌がカサカサになるなど、つらい症状に悩まされている人が多い疾患です。
現在の日本では、人口の1~2割もの患者がいると言われており、10人に1~2人が症状に頭を抱えているという現状です。
そんな『アトピー性皮膚炎』に、青汁に含まれる栄養素の効果が期待できそうです。

青汁の栄養素がアトピーに効果的?

青汁のコレがアトピーに効果的

青汁の代表的な成分には、身体の調子を整える、ビタミンやミネラル、食物繊維が含まれています。

  • ビタミン・ミネラル類
    体内の免疫力を高める、皮膚のバリア機能をサポート
  • 食物繊維
    腸内環境改善、デトックス効果(老廃物排出)

これらの成分の作用が、アトピーに良いといわれています。

基本的には、野菜など身近なもので摂取できる栄養ですが、普段の生活の中でどうしてもバランスの良い食事って難しいですよね。
特に現代では野菜不足な人が多いと言われているので、基礎的な栄養補給をするために青汁はとても効率がいいんです。

また、青汁を代表する素材のケールや明日葉、大麦若葉などには特にビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているので、より効果的であるという研究報告もあります。

このようにアトピーは”身体の内面”から、アプローチをすることで症状を軽減することが期待できます。
内側からのアプローチは、アレルギー症状に対しても有効と言われています。

皮膚のバリア障害?アトピーの原因から考える

アトピーの原因を知ろう

そもそもアトピーとは一体なにが原因で発症するのでしょうか?

一般的に原因として、以下のものが挙げられます。

  • 先天的な『アトピー素因』を持っている(アレルギー体質+バリア障害)
  • 自律神経の乱れや腸内環境の悪化

患者の多くが、先天的に『アトピー素因』を持っていることが判明しています。

アトピー素因とは、
生まれつきアレルギー反応を起こしやすい「アレルギー体質」であることに合わせ、外部刺激から皮膚表面を守る機能が弱い「バリア障害」を持つ体質の事をいいます。

また、「自律神経の乱れ」や「腸内環境の悪化」によってもアトピー症状に繋がると言われています。

もともとの体質や体内環境の悪化によって、身体から有害成分・異物を防ぎ、守るための免疫力の機能が低くなり、かゆみや湿疹というアトピーの症状が出てしまうのです。

つまりは、体内環境を整えて体全体の免疫力を向上させることが1番の課題なのです。

既存のアトピー治療法の良い点・悪い点

ステロイドの有効性と副作用

では、薬での治療はどうなのでしょうか?
一般的にアトピー治療と聞いて、初めに思い浮かべるのがステロイドですね。
ステロイドは即効性があり、短期的な処置をするのにはとても効果的な薬です。

しかし、ステロイドでは一時的な症状は抑えられても、完全に治すことができないのが現状です。
また、副作用や依存性もあるので、長期的な体質の改善には向いていないことが分かります。

日本皮膚学会のアトピーに対する薬物療法について、このような記述があります。

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因に加え、様々な内的、外的悪化要因を持った皮膚病ですので、現時点では病気そのものを完全に治す薬物療法はありません。従って対症療法が治療の原則になります。』

たしかに、緊急時などは重宝するものですが、短期的な症状改善しか見込めない以上、脱ステロイドで体質改善を目指すことが目標です。

青汁のデトックス効果でアトピー症状を内側から改善?

青汁でアトピーを内側から改善

アトピーの仕組みから考えると、日ごろの生活習慣を見直すことも大切でしょう。
体質改善はアトピー療法でも有効とされているので、体内環境を整えることからスタートすることが好ましいです。

アトピーのメカニズムでは、体質に依存しているという原因がありましたが、実際に「炎症」を起こしている原因は何でしょうか?

アトピーの炎症、それは『体内の大掃除』呼ばれるものです。

身体は基本的に、老廃物を便や汗で体外に排出することで、正常な機能を保ちます。
しかし、アトピーは炎症を起こすことで老廃物を排出しているのです。

疲労や体内のデトックス(老廃物排出)機能が低下し、便秘になったり汗が出にくい状態にある時、肌から炎症を起こし、血や体液とともに”いらないもの”を体外に排出しています。

これがアトピーの正体です。掻くことは、合目的的なことなのです。
※合目的的=一定の目的にかなっていること。

青汁のアトピー症状改善のサポートに期待できる効果

アトピー症状は体内環境を改善することが大切。

  • 身体、皮膚の免疫力の向上
  • 体内のデトックス機能の向上

これらは、青汁に含まれる栄養素でアプローチすることができるでしょう。

冒頭で述べた様に、青汁を飲んでビタミン・ミネラル・食物繊維の補給をサポートすることで、

  • 抗酸化ビタミンの免疫力向上効果
  • 食物繊維やカリウムのデトックス機能向上効果

が期待できます。

この2つの改善方法によって、身体の新陳代謝(肌のターンオーバーなど)が活性化するので、皮膚再生も早くなりアトピーの症状にもアプローチが出来ます。

最近の青汁は粉末タイプが多く味も改善されたので、とても飲みやすくなっています。
水やお湯、ジュースなどお好きな飲み物に混ぜて簡単に栄養補給ができます!
今ではケール以外にも、栄養豊富で飲みやすい大麦若葉や明日葉の青汁も出ているのでおすすめです!

ただし、個人差があることや処方されている薬によっては、相性が悪い場合もあるので、心配な方はかかりつけの医師に相談してみましょう。

アトピー改善まとめ

  • アトピーは、「アレルギー体質」や「バリア障害」といった『アトピー素因』に合わせ、「自律神経の乱れ」や「腸内環境の悪化」などが主な原因。
  • ステロイドでは”短期的な処置”は出来ても”長期的な改善”にはつながらない。
  • 青汁に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維で体内環境を改善。
  • 体質改善によって肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を早くし、アトピー症状を軽減。

合わせて見ておきたいアレルギー関連記事はこちらです!

関連記事:
デトックス?青汁の食物繊維で腸内環境を改善!
お肌のトラブルに青汁が効果的!

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.