ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

汁といえば、健康に良いというイメージのある健康飲料です。
ダイエットの補助としてもよく活用されており、実際青汁を利用してダイエットに成功している芸能人もたくさんいます。

ところが、「青汁を飲むと太る!」「ダイエットに効果なし!」そんな話や書き込みも見るようになりました。
青汁のカロリーは多いものでも20~30kcalといったところなのですが・・・。

一見太ることはありえないと思われがちですが、実は飲み方によっては太ることもあり得るのです。

今回は、青汁を飲んでいながら「太ってしまう」「効果が出ない」といった誤った飲み方について紹介していきます。

青汁を飲むと太る!?ダイエット効果ない?

悲しい

青汁は、栄養たっぷりな緑の野菜を原料に作られた飲み物です。
野菜不足を解消することで、ダイエットや美肌などの美容改善のために飲んでいる方も多くいます。
青汁の原料には、ケールや明日葉、大麦若葉など、栄養素の種類が豊富で含有量も多い野菜・植物が選ばれています。

しかし忘れてはいけないのが、『青汁で太る』『ダイエットには効果ない』と言われることもありますが、青汁はそもそも『健康をサポートする飲料』です。

『青汁で痩せる!』というのではなく、青汁を『痩せるためのサポートとして活用する』というのが正しいのではないでしょうか。

健康重視のトクホや飲みやすいフルーツ味の青汁も登場!

現在販売されている青汁の中には、トクホ認定を得て健康に有効な成分を配合した青汁や、複数の野菜やフルーツをブレンドして作っている青汁なども増えています。

どの青汁も原料が野菜だけにカロリーは低めです。
フルーツの甘味で飲みやすくなったフルーツ青汁の人気の3種類を比べてみても、カロリーは11.66~11.7kcalほどです。
これでは、よほどの量の青汁を飲まなければ、「青汁で太る」ダイエットに効果がない」ということにはならないでしょう。

太る?太らない!?青汁の栄養成分やカロリーは?

野菜の栄養素

青汁は野菜不足解消のための健康飲料という立ち位置ですが、そもそも青汁にはどのような栄養素・成分が含まれているのでしょうか?

また、一般的に太る原因となるカロリーはどのくらいなのでしょうか。

青汁はビタミン・ミネラルが豊富

青汁に含まれる栄養素は、原料が緑黄色野菜だけあってビタミンやミネラルが豊富です。
野菜だけでできているものが多く、栄養成分だけで太る心配はありません。
特に、毎日補う必要がある水溶性のビタミンなど、生の野菜からでないと取りにくい栄養素がたっぷり含まれています。
また、これらの栄養素は、健康維持には必須でありダイエットにも欠かせない栄養素なのです。

青汁には食物繊維・ファイトケミカルも含まれている

また、野菜が原料なので、整腸作用の高い食物繊維、植物からしか摂れない第7の栄養素と呼ばれる抗酸化作用のあるポリフェノールなどのファイトケミカルも含まれ、ダイエット以外にも様々な働きが期待できます。

これらの栄養素は、腸を整えたり、コレステロールの排出を促したり、血液をサラサラにしたりといった健康に良い効果をもたらしてくれます。
しかも、その結果、コレステロールが排出されたことで溜まっていた脂質がエネルギーに使われたり、老廃物がなくなったことで細胞が活性化して代謝が上がったりして、ダイエットにも絶大な効果を発揮してくれるのです。

青汁は非常に低カロリー

カロリーに関しても上述の通り、

  • 通常の青汁:1杯10kcal前後
  • フルーツ青汁:1杯11.66~11.7kcal前後

ほどです。
ダイエット中のカロリー管理は必要不可欠なので、こうした場合に低カロリーの青汁が活躍します。

ダイエットだけじゃない!青汁で実感!

青汁に期待できる効果をもう少し詳しく見ていきましょう。

気持ちいい朝を過ごせる・肌のハリを保つ
青汁に含まれている食物繊維が腸内環境を整え、すっきりとした状態をつくりだします。
食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、2種類をバランスよく摂ることで腸内をきれいにお掃除したり、善玉菌を増やしたりするのですが、青汁には2種類ともに含まれていて、腸内環境を良い状態に導いてくれるのです。
また、腸内環境が良いと、痩せやすくなったり、肌のターンオーバーが正常になって肌のツヤやハリなども良い状態に戻り美肌効果も期待できます。
生活習慣病・アンチエイジング作用
私たちの身体は、20代からすでに老化が始まっているといわれています。
老化とは、体内で発生した活性酸素が細胞をサビつかせることで起こります。
また、活性酸素は、生活習慣病の原因にもなります。
活性酸素によって体内がサビると身体の機能は正常に働かなくなり、その結果、肝臓機能が低下したり、高脂血症や動脈硬化などが起こるのです。
このように美容にも健康にも悪い活性酸素を取り除くのに役立つのが抗酸化物質です。
青汁には、さまざまな種類の抗酸化物質が入っているので、美容と健康を維持・増進するのにぴったりです。

青汁はダイエットに効果ない?飲み方次第では太ることも

太る

青汁の効果を確認したところで、どうして青汁を飲んでいるのに太ることがあるのかを考えてみましょう。

青汁を飲んでいても太る」原因として以下のものが挙げられます。

  • 高カロリーの飲み物×青汁
  • 砂糖などの甘味×青汁
  • 食生活の質が悪い
  • 生活習慣が悪い

高カロリーの飲み物で青汁を割ると太る

青汁を単独で飲んでいる限り、よほど飲み過ぎても太ることはあり得ません。
むしろ単独で飲み過ぎると、食物繊維の影響で下痢などが心配になります。

例えば、味を変えたいと青汁を清涼飲料水などで割って飲んだことが太る原因になっているのかもしれません。

清涼飲料水には、お茶などカロリーの低いものはありますが、炭酸飲料やスポーツドリンクなど、口当たりはいいけれどカロリーが高く糖質も多いので太る原因になるものもあります。
カロリーの高い清涼飲料水で青汁を割ったものを1日に2回以上飲めば、どんなに他でカロリーを抑えていても太ることはあり得ます。
ダイエットで気を付けたいのはいかに摂取カロリーを少なくするかなので、いずれにせよ高カロリーの飲み物で割ることはNGとします。

砂糖で甘味をつけて青汁を飲むと太る

緑黄色野菜で作られた青汁は、苦みがあって、飲みにくいものもあります。
そこで砂糖などで青汁に甘味をつけて飲むことで、太る可能性があります。
砂糖はダイエットの敵・太る原因にもなるカロリーも糖質も高い食材です。
砂糖を入れると太るばかりか、せっかくの青汁のダイエット効果も台無しになってしまいます。

青汁を割るならカロリーが低めな甘味がおすすめ

せめてハチミツや黒糖など、栄養的にも良い効果があってカロリーも砂糖よりも控えめな甘味を選びましょう。
または、甘味を選ぶならフルーツを青汁に加えるのも1つの手です。
とはいえ、砂糖よりは太る可能性は低いですが、フルーツをそのまま加えるとカロリーも糖質(果糖)も高くなるので、ダイエットをする場合は量の加減は必要です。

青汁以外の食生活の質が悪いと太る

野菜不足だとビタミンやミネラルといった身体が機能するために働く栄養素が足りずに、疲れやすくなるなどの体調不良が起こります。
そうした野菜不足からくる体調不良をきっかけに青汁を飲み始める方はとても多いのです。

ところが、青汁を飲んでいるからと安心して肉類や揚げ物ばかりを食べるなど、食生活が悪化しているとダイエット効果も期待できません。
これは、青汁が役に立っていないというわけではなく、青汁以外の部分の負担が大きすぎるということです。

青汁は食事のサポートとして活用

青汁1杯では1日分の野菜をすべて補う事はできません。
青汁が効果なしということではなく、野菜の絶対量が不足していることで太るのです。
年齢とともに代謝なども落ちてしまうので、普段から野菜由来の栄養素をしっかりと補っていく必要があるのです。

青汁を飲んでいても生活習慣が悪いと太る

食生活とともに改善が必要なのが生活習慣です。
どんなに青汁を飲んでも、食生活を整えても、生活習慣が不規則だと効果は出にくくなります。
睡眠不足や運動不足、飲酒や喫煙などはストレスの原因になり、ダイエットどころか生活習慣病などの体の不調を招きます。

こうした状況が続けば、いくら青汁を飲んでいても太ること可能性はあります。

効果ない?正しい飲み方で青汁をダイエットに活用しよう

青汁をダイエットのサポートに活用!

青汁に含まれる栄養素でダイエット補助に効果的なものとして食物繊維が挙げられます。。
腸内環境が整うことで便秘が解消したり、老廃物の排出が促され、それだけでも身体がスッキリとして、ダイエット効果が実感できます。

また、食べたものが脂肪になるのを防ぎ、エネルギーに代謝するビタミンB群なども含まれます。

さらに、カリウムや明日葉に含まれるカルコンなど、余分な水分を排出してむくみを解消し、さらにむくみにくい体質へ導いてくれます。

このように青汁には、ダイエットのサポートをする栄養成分がたくさん含まれているのです。

青汁置き換えダイエットがおすすめ

青汁のダイエットサポート効果をさらに上げたいのなら、置き換えダイエットに利用するのがおすすめです。
朝・昼・夜、いずれかの食事を青汁に置き換える方法です。
摂取カロリーを落としながらも、毎日必要なビタミン類などの栄養素は補えるので、ダイエットにありがちな体重は減らないのに胸だけ痩せたなどといった失敗のない、キレイ痩せが目指せます。

青汁置き換えダイエットの注意点

「置き換えダイエットに成功したあと、青汁を止めてもいいの?」という心配もあります。
青汁の置き換えダイエットに成功するには、生活習慣などもしっかり整えているはずなので、やめたことが原因で太ることはありません。

とはいえ、青汁を止めたことで野菜不足になれば、リバウンド、また太ることもあり得ます。
食事を3食普通に食べても、青汁を継続しつつ、生活習慣や食習慣に配慮を続けましょう。
そうすることで、ダイエット後の体型がラクに維持できるはずです。

美味しい青汁なのに実感!ダイエットのお供に飲みやすい青汁を!

すっきりフルーツ青汁

置き換えダイエットにぴったりな青汁として、おすすめなのが「すっきりフルーツ青汁」です。
原料は、大麦若葉を中心に、必須アミノ酸を豊富に含むクマザサやポリフェノールたっぷりの明日葉を配合しています。

すっきりフルーツ青汁 粉末

フルーツを加えて飲みやすくしたうえに、『81種類の酵素』と腸内で善玉菌のエサになる『乳酸菌』、『美容に有用な成分』も配合し、効果的に美容・ダイエットをサポート。

また、フルーティな味わいは、置き換えダイエットをしても満足感を与えてくれるので、空腹を我慢できずに挫折……などということも防げます。

すっきりフルーツ出来上がり

女性にうれしい成分がたっぷり入ったフルーツ青汁なら、ダイエットをしっかりサポートできるはずです!

レビュー記事:ジュース感覚でダイエットと美容効果?『すっきりフルーツ青汁』

青汁のダイエット関連記事

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.