ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

タミンDといえば、カルシウムとセットで骨を丈夫にするもの。
さらに最近の研究では、妊娠しやすい身体を作るとか、脳の神経細胞で働いていることがわかったといった成果もあるようです!
しかし、重要なわりにカルシウムと共に不足が心配される栄養素のひとつなんです。
豊富な種類の栄養素が入った青汁でサポートして栄養素同士の相乗効果がきちんと得られる食生活を整えましょう。

ビタミンDの期待できる効果一覧

  • 骨粗しょう症の予防
  • 妊娠しやすい身体を作る
  • 花粉症の抑制
  • 筋肉増強
  • うつの予防、改善

カルシウムの吸収を助けて骨を丈夫に!

ビタミンDは、植物性食品に含まれるものはビタミンD2、動物性食品に含まれるものはビタミンD3と少し違った形で存在します。
また、紫外線を浴びることによって体内でも生成されますが、これはビタミンD3。
身体の中ではどちらも同じ働きをします。
体内で生成する場合に材料となるのは、皮膚に存在するコレステロールの1種。
これが紫外線を浴びて、肝臓と腎臓の酵素の影響を受けるとビタミンDになり、肝臓に貯蔵されるんです。

食品から摂ったビタミンDは、小腸から吸収され、肝臓と腎臓の酵素によって活性型ビタミンDという物質に変換されて、ようやく働く準備が整います。
この段階で肝臓に蓄えられ、必要に応じて使われるようになります。

骨の強化!免疫力の向上も!

ビタミンDは、骨の形成や成長を担うカルシウムの吸収に関わる脂溶性のビタミンです。
摂取量と糖尿病には相関関係があって、摂取量が多いほどリスクが減るという報告もあり!
インフルエンザなどに対する免疫力を高める働きもあるので、丈夫な身体作りには欠かせません。

ビタミンDを多く含む食品とは?

食物から摂取する場合、植物性食物は、キノコ類がダントツです。
キクラゲや干し椎茸、生のキノコならまいたけから効率よく摂取できます。
動物性食品は海産物が中心です。
しらすや塩サケ、イワシなどの他、卵や乳製品にも含まれています。
また、脂質性のビタミンのため水に溶けず熱にも強いので、加熱調理してもなくなってしまう心配はありません。

ビタミンDが元気な身体を作り、妊活もサポート

ビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを助ける栄養素です。
例えば、身体が必要な量のカルシウムをちゃんと食べていたとしても、ビタミンDが足りなければ必要量が体内で吸収できずに、骨の形成や成長、維持ができなくなってしまうんです。
また、歯や骨にカルシウムが定着するのを助けたり、筋肉や血液中のカルシウムの濃度を調節し、体内のカルシウムのバランスを整えています。
カルシウムが体内で果たす役割は、ビタミンDのサポートがなければできないのです。

妊娠への働きかけ

最近では、妊娠への影響に関する研究も進んでいます。
体内のビタミンDが不足している女性は、卵子の数が少ないという共通点があり、
不妊や妊娠率に影響が考えられるという結果が出たそうです。
ビタミンDの働きのなかには、細胞の成熟を助ける役割もあります。
この働きの影響か、卵子を包んでいる卵胞液のビタミンDの濃度が高いと
妊娠率が上がるという結果も出ていて、卵子の数や質を高めるのに必須というのも納得です!

生活習慣病予防にも!

脳の中にある神経細胞の保護や増殖などの調節を行う働きから行動や精神への影響も研究されています。
また、抵抗力を高めるといった基本的な働きから花粉症への影響、糖尿病やガンなどの生活習慣病との関係も期待できるという研究が進んでいます。
最新の研究結果にも注目しておきたいですね。

お日様が体内生成をサポートして不足を解消

ビタミンDが不足すると、深刻な症状として現れるのは骨に関わるものです。
カルシウムの吸収が滞り、骨や歯が形成できなくなるためです。
赤ちゃんや子どもはくる病、大人は骨軟化症を発症します。
ここまで重い症状はなくても、50代以降は骨粗しょう症を気をつけたいところです。

不足すると骨粗しょう症の危険性も

骨粗しょう症は、骨の密度が減って、細く切れたりして、スカスカの状態になること。
カルシウムを十分に摂っていてもビタミンDが足りなければ防げません。
特に閉経を迎えてホルモンバランスが崩れ、骨密度に影響が出る50代以降の女性に多い病気です。
若いうちから十分な骨密度をキープして、加齢に伴う衰えを最小限に抑えるのがおすすめ!

ビタミンDは、含まれている食品が限られているので、不足しがちな栄養素です。
世界中で約半数の人に欠乏症が認められているとも言われています。
しかもその率は増える傾向にあるんです。

理由は、野外での活動が少なくなったことが1番のようで、できれば日常生活のなかで1日10~20分日光を浴びて、体内でビタミンDを合成するよう心がけることがおすすめです。
ただし、1日で色づくほど日焼けするのは逆効果。
ビタミンDの合成能力を低下させ、紫外線による害ももたらすことがあるので注意が必要です。

18歳以上の成人の目安量

男性
18~29(歳) 5.5μg
30~49(歳) 5.5μg
50~69(歳) 5.5μg
70以上(歳) 5.5μg
耐容上限量 100μg

女性
18~29(歳) 5.5μg
30~49(歳) 5.5μg
50~69(歳) 5.5μg
70 以上(歳) 5.5μg
妊婦(付加量)7.0μg
授乳婦(付加量)8.0μg
耐容上限量 100μg

引用:厚生労働省『日本人の食事基準(2015年版)概要』より

となっています。

生きるうえで重要な役割を持つ骨などの組織形成や維持を担うことから、何歳になっても必要不可欠な栄養素であるビタミンD。
それなのに、食物からだけでは必要量を摂取しづらいというのは驚きです。
青汁などのサポート食品を使ったり、体内での生成を助ける行動を心がけて健康寿命をどんどん伸ばしていきましょう!

おすすめの人気青汁ランキング!

ふるさと青汁

ふるさと青汁
ふるさと青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 原料はすべて国産の安心な青汁
  • 明日葉しか持っていない黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 飲みやすさ、おいしさは青汁界随一
  • 明日葉の栄養価はケールと同等以上
価格・内容
通常価格:3,800円+税(3g×30包)
とくとく便:3,420円+税(3g×30包)
送料・支払方法
送料:600円(2箱以上購入またはとくとく便利用で無料)
支払方法:振込(郵便局・コンビニ)・代金引換

体験レビューコメント

口当たりは優しくほんのり甘みがあり、お茶感覚で飲める。
水でも美味しく飲めますが、牛乳や豆乳との相性がいい。
明日葉特有成分のカルコンは、むくみやダイエットに効果があるので、女性におすすめの青汁です。
お得な定期購入も「最低○ヶ月継続」などの縛りがなく安心!
若い女性

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める
価格・内容
通常価格:3,420円+税(6.8g×30包)※初回
定期お届けコース:初回1,000+税(6.8g×30包)※初回
送料・支払方法

送料:無料
支払方法:代金引換・クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

クセのない大麦若葉を使っていて、さらに抹茶の風味が上品さを醸し出しています。
トクホ成分の難消化性デキストリンが、生活習慣病対策や肥満の方に効果が期待できます。
トクホドリンクの中でもコスパが安く、続けやすいところがおすすめ!
お父さん

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 自然由来の81種類の酵素
  • 美肌効果が期待できる話題のプラセンタを使用
  • モンドセレクション受賞歴あり
  • 子供でも美味しく飲めるフルーツテイスト
価格・内容
単品購入:3,980円+税(3g×30包)
ラクトクコース:680+税(3g×30包)※初回
送料・支払方法
送料:単品購入702円・ラクトクコース無料
支払方法:クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

フルーツテイストの誰でもおいしく飲める青汁!
@コスメでの受賞や、モンドセレクション3年連続受賞などの実績あり。
81種類の酵素や乳酸菌、美容成分も含まれており若い女性にもおすすめの青汁です。
水だけでなく、100%のフルーツジュースなどと組み合わせても美味しく飲めます。
女の子

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.