ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

段何気ないタイミングで、立ちくらみしたり、めまいがしたり、貧血で悩んでいる方も多いですよね!

特に女性は貧血になりやすいと言われているので注意が必要です。
そんなつらい悩みに青汁が効果的だといいます。
実際のところどうなんでしょうか?原因から見ていきましょう!

貧血の原因って?

貧血の原因って?

いざという時ふらついたり、ひどい時には1日中貧血に悩まされるなんてことも・・・。
貧血になりやすい体質の人もいますが、そもそも貧血ってどうして起こるのでしょうか?

鉄分不足による貧血

貧血の中でも特に多いのは鉄欠乏性貧血ですよね!
食生活の乱れや、ダイエットによる栄養不足などにより起こりやすいです。
鉄分やたんぱく質、ビタミンなどの不足によって、血液の主成分である赤血球が生成できなくなります。
その結果、血液が少なくなり貧血を起こします。
さらに、貧血になると、酸素を体内に送り届けることが出来なくなるため、酸欠により立ちくらみなどの症状が出ます。

出血による貧血

原理的には分かりますよね。
血が体外に出ることによって体内の血が不足します。
特に女性は月経などにより、出血が続くことで貧血を招きます。
この場合、人により出血量は異なりますが、特に量が多い方は慢性的な貧血状態になります。
ケガなども例外ではなく、ケガによる多量出血でも貧血になりえます。

主な原因としては以上のようなものが挙げられます。

貧血による酸欠症状

貧血による酸欠症状は、場所によっても症状が変わってきます。

  • 脳の酸欠・・・失神、立ちくらみや眩暈(めまい)など立っているのもつらい状態です。
  • 心臓の酸欠・・・息切れや動悸、胸痛など息苦しい状態です。
  • 筋肉の酸欠・・・肩こりやだるさ、疲労感など身体が重い状態です。

おそらく貧血時にはこれらのどれか、または複数の症状が出ていると思います。
また、人によっては耳鳴りや身体の冷えを伴うこともあります。

貧血の対処・予防法とは

貧血の対処・予防法とは

原因や症状が分かりましたが、実際の対処・予防法はどのような事が挙げられるでしょうか。

対処法

対処法としてはいくつかありますが、大切なことは、『安静にする』『緩める』『温める』と覚えておきましょう。

安静にする
貧血の症状が現れた場合、下手に動くと転倒などの二次被害に繋がりかねないため、
室内なら横になる、屋外なら椅子に座るなど、身体を落ち着かせることが大切です。

緩める
血行が悪くなると体温が下がるため、ベルトなどをしている場合はゆるめ、血の流れをしっかり確保します。

温める
体温が下がり寒気を感じることもあるので、毛布や上着などをかけ身体を温めます。
身体を温めるとリラックス効果も期待できます。

予防法

貧血を出来るだけ起こさないよう予防をする事も大切です。
予防するためには、まず食生活から見直しバランスの取れた栄養補給をします。
貧血の原因の多くは、鉄分不足なので鉄分が含まれている食べ物、飲み物を意識して摂りましょう。

青汁には貧血に効く栄養成分が!?

青汁には貧血に効く成分が!?

貧血の原因や予防を見ているとどうしても、日頃の食生活の改善が必要になってきます。
しかし、普段から多くの栄養素を十分な量摂取することはなかなか難しいです。
特に忙しい人や一人暮らしの学生には、必要な材料をそろえ、それ相応の量を摂取すると言うのはやっぱり厳しいです。

そういった時にこそ青汁の出番です。
コップ1~2杯飲むだけで効率良く栄養を補えるので優秀なんですね!
しかし、青汁に貧血に効く成分が含まれているのかが疑問ですよね!

成分からみた貧血解消

それでは青汁に含まれる、貧血に効く成分をご紹介します。

鉄分 血の生成に必要不可欠な栄養です。動物性食品に含まれる”ヘム鉄”、植物性食品や海藻に含まれる”非ヘム鉄”と分類することが出来ます。
ビタミンC 抗酸化作用や鉄分の吸収をサポートする効果があります。特に緑の野菜から摂取する場合、鉄とビタミンCを同時に摂取できるので効率が良いです。
ビタミンB12 赤血球の形成を促し、貧血を防ぎます。また、神経機能を正常に保つ働きもあります。主に動物性食品に多く含まれるビタミンB12ですが、含まれている青汁もあるので成分チェックは欠かせないです。
葉酸 ビタミンB12と共に赤血球の形成を促したり、新陳代謝や細胞分裂を促進します。特に女性は、妊娠時など葉酸が必要とされてくるので、日頃から摂っておきたい栄養素です。

以上の栄養成分が含まれています。

また上記以外にも、健康維持に不可欠なビタミン類、ミネラル類、食物繊維なども豊富に含まれているので、栄養不足による身体の悩みをしっかりサポートします。

鉄を多く含む大麦若葉の青汁がおすすめです。

大麦若葉の青汁はこちら!

もちろん青汁だけですべてを補う事はできませんが、バランスの取れた食事と合わせることによって不足分をしっかり補う事が出来ます。
貧血は生活に支障をきたすことが多いので、バランスの取れた食事と青汁で普段から元気な身体づくりを目指しましょう!

貧血解消まとめ

  • 貧血の主な原因として、鉄分不足・貧血が挙げられる。
  • また、貧血による脳・心臓・筋肉の酸欠に繋がり、身体の至る部分で症状が表れる。
  • 対処法としては、「安静にする」「緩める」「温める」と覚えておく。
  • 予防としては、鉄分をはじめとし、血液の生成を促すビタミンCやビタミンB12、葉酸などが有効である。
  • 以上の栄養素は、青汁によって摂取することが可能なので、青汁による貧血解消効果が期待できる。

関連記事:健康な血液をつくり、脳の健康をキープする!ビタミンB12の効果
女性のむくみ・生理痛の悩みに青汁が効果発揮!
妊婦さんは青汁を飲んで良いの?

おすすめの人気青汁ランキング!

ふるさと青汁

ふるさと青汁
ふるさと青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 原料はすべて国産の安心な青汁
  • 明日葉しか持っていない黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 飲みやすさ、おいしさは青汁界随一
  • 明日葉の栄養価はケールと同等以上
価格・内容
通常価格:3,800円+税(3g×30包)
とくとく便:3,420円+税(3g×30包)
送料・支払方法
送料:600円(2箱以上購入またはとくとく便利用で無料)
支払方法:振込(郵便局・コンビニ)・代金引換

体験レビューコメント

口当たりは優しくほんのり甘みがあり、お茶感覚で飲める。
水でも美味しく飲めますが、牛乳や豆乳との相性がいい。
明日葉特有成分のカルコンは、むくみやダイエットに効果があるので、女性におすすめの青汁です。
お得な定期購入も「最低○ヶ月継続」などの縛りがなく安心!
若い女性

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める
価格・内容
通常価格:3,420円+税(6.8g×30包)※初回
定期お届けコース:初回1,000+税(6.8g×30包)※初回
送料・支払方法

送料:無料
支払方法:代金引換・クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

クセのない大麦若葉を使っていて、さらに抹茶の風味が上品さを醸し出しています。
トクホ成分の難消化性デキストリンが、生活習慣病対策や肥満の方に効果が期待できます。
トクホドリンクの中でもコスパが安く、続けやすいところがおすすめ!
お父さん

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 自然由来の81種類の酵素
  • 美肌効果が期待できる話題のプラセンタを使用
  • モンドセレクション受賞歴あり
  • 子供でも美味しく飲めるフルーツテイスト
価格・内容
単品購入:3,980円+税(3g×30包)
ラクトクコース:680+税(3g×30包)※初回
送料・支払方法
送料:単品購入702円・ラクトクコース無料
支払方法:クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

フルーツテイストの誰でもおいしく飲める青汁!
@コスメでの受賞や、モンドセレクション3年連続受賞などの実績あり。
81種類の酵素や乳酸菌、美容成分も含まれており若い女性にもおすすめの青汁です。
水だけでなく、100%のフルーツジュースなどと組み合わせても美味しく飲めます。
女の子

この記事を読んだ人に読まれている記事

  • 妊婦さんは青汁を飲んで良いの?妊婦さんは青汁を飲んで良いの? 栄養補給にとても優秀な青汁ですが、妊婦さんにもおすすめとよく聞きます。 つわりなどで食欲不振になると同時に栄養不足になりがちに・・・ […]
  • 夏バテ改善・予防に青汁が良い理由夏バテ改善・予防に青汁が良い理由 夏の暑さで、身体がだるくなったり、食欲がなくなったり、体調を崩す事ってありますよね! 生活に支障が出る程、厄介な夏バテですが、皆さん対策 […]
  • 青汁で代謝を促進させ体内機能改善!青汁で代謝を促進させ体内機能改善! 代謝が悪いせいでダイエットの効果がなかなか出ない! なんてセリフ、よく耳にしますね。 さて、この代謝とは、いったい何なのでしょうか? […]
  • 生活習慣病を青汁効果で予防しよう!生活習慣病を青汁効果で予防しよう! 日本人の死因のうち、6割が生活習慣病によるものだとされています。 高血圧や糖尿病、動脈硬化などが生活習慣の乱れによる症状です。 食事や […]
Share.

Comments are closed.