ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

時間のデスクワークや運転などで、肩こりをしたと言う方も多いはず。
腕が肩より上に上がらなくなるなんてこともありますよね!
ずっと同じ姿勢を続けたり、目の疲れだったり、寒さなどによって肩こりは起きやすいと言います。

そういった肩こりの悩みを青汁で解消できるというのです!
一体、青汁のどの成分がどのように効果を発揮するのでしょうか?

青汁のビタミン・ミネラルで肩こり改善効果

青汁のビタミン・ミネラルで肩こり改善

青汁には、様々な成分が含まれており、それぞれの効果が期待できます。
基本的には総合的な健康のサポートであったり、美容関連、アンチエイジングなどに効果的であるという話はよく聞きますよね?

青汁を始めた!と言う方も大体が上記の理由なのも確かです。
そんな青汁に本当に肩こりを解消する成分が含まれているのでしょうか?

青汁のどんな栄養素が肩こりに効果的?

たしかに青汁は万能だけと、さすがに肩こりに効くっていうのはどうなんだろう?なんて思いますよね。

結論から言うと、肩こりに効く成分がたくさん含まれています!!!
疲労回復のビタミンCをはじめとし、血行を促進するビタミンEなど、数多くの肩こりに効く栄養成分が含まれているんですね!

ただ、成分と効果を見る前に、肩こりの原因・メカニズムを知る必要があります。
原因から対策、解消法を学んでいきましょう!

肩こりの原因って?

肩こり

肩こりは、

  • 筋肉の疲労
  • 血行不良
  • 精神的なもの
  • 目の疲労
  • 冷え(冷房なども含む)

などが主な原因とされています。
おそらく肩こりでお悩みの方は、この中のどれかに当てはまっていると思います。

そもそも肩こりとは、日々の様々なストレス(肉体的・精神的)の積み重ねであると解釈できます。

姿勢が悪いと肩こりの原因に?

  • デスクワークで長時間同じ姿勢 → 筋肉が固まり血行が悪くなる。
  • 仕事での緊張やストレス → ストレスは自律神経を乱れさせる。
  • 長時間のPC作業 → 目や腕、肩の疲労

このように、仕事や学校以外の普段の生活ではしないこと、身体の使わないところを長時間にわたって使う事によって、精神的・肉体的ストレスとなり肩こりや体の不調の原因に繋がります。

メカニズムとしては、様々な行動の疲労やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ、身体の緊張を促す交感神経の動きが優位になります。
そうなると、血管が収縮し、血行が悪化し、筋肉の緊張が強まります。

また、筋肉へ酸素が運ばれなくなり、痛みや不快感によって神経が刺激され、さらなる筋肉への緊張を生み、肩こりが慢性化していくという仕組みです。
繰り返しになりますが、長時間の慣れない(非日常的な)姿勢や作業が肩こりを生むと言う事です。

肩こりによる頭痛などの二次被害も

また、肩こりが原因で、頭痛を引き起こしたりと二次被害に繋がることも珍しくはありません。
すぐできる対応策としては、

  • ストレスの解消
  • 心身のリラックス
  • 生活習慣の見直し
  • 適度な運動
  • 休憩時間の徹底

などがあります。

しかし、正直なところ個人差がありますし、慢性化してしまった肩こりにはあまり効果がない人も多いと思います。
休憩時間を徹底することや、適度な運動は実践しようと思えばできますが、ストレスの解消や心身のリラックスは、意識していてもなかなか厳しいと思います。

特に環境においてストレスを感じている人の場合、環境を変えるのはとても難しいことです。
ですので、当サイトで推奨するのは「身体の中から改善していきましょう」ということです!

そこで青汁が効果を発揮します。

青汁の栄養成分から見た肩こり解消効果

成分から見た効果

原因を見てみると、肉体的、精神的な理由が大きいですが、そのどちらも身体の内側からアプローチする事が出来ます。

そこで青汁が持つ、肩こりに効果的な栄養素をピックアップしてみました。

栄養素 期待できる効果
マグネシウム 精神の安定や筋肉をほぐし、肩こりや頭痛の予防
ビタミンC 筋肉の疲労改善
ビタミンE 血行促進
ビタミンB1 筋肉のエネルギーの供給・貯蔵を促す
ビタミンB12 末梢神経の修復・維持
カロテン 目の粘膜保護、眼精疲労の緩和
カルシウム 筋肉・骨のバランス調整、ストレスの緩和
アントシアニン 網膜の血行促進(アントシアニンは桑の葉に多く含まれています。)

ざっと挙げてみただけでも、これだけの効果が期待できます。

青汁を活用して肩こり・野菜不足解消!

肩こりは神経や筋肉の異常によって起こるので、しっかり内側からケアをしてあげれば、解消・予防することが出来ます。
もちろん毎日の食事の見直しは必要になりますが、サポートとして青汁はなかなか優秀です。

また、青汁には、日頃の栄養・野菜不足を解消する役割もありますので、肩こり解消に合わせて健康維持や美容向上のために始めてみてはいかがでしょうか!

青汁で肩こり解消効果まとめ

  • 肩こりの原因として、日々蓄積される心身のストレスが筋肉の緊張を招き症状が現れる。
  • 蓄積されたストレスは神経などに影響を与え、肩こりや眼精疲労・身体の不調に繋がる。
  • 青汁に含まれるカルシウムやカリウムなどのミネラル類や、ビタミンCなどのビタミン類が、筋肉や神経の緊張をほぐす効果が期待できる。
  • 肩こりの原因の1つである目の疲れを解消する、カロテンやアントシアニンなども青汁で摂取できる。

関連記事:青汁効果で眼精疲労改善!
青汁で疲労回復→元気な身体へ!
疲労回復!脳をクリアに!アルツハイマーにも?ビタミンB1の効果

おすすめの人気青汁ランキング!

ふるさと青汁

ふるさと青汁
ふるさと青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 原料はすべて国産の安心な青汁
  • 明日葉しか持っていない黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 飲みやすさ、おいしさは青汁界随一
  • 明日葉の栄養価はケールと同等以上
価格・内容
通常価格:3,800円+税(3g×30包)
とくとく便:3,420円+税(3g×30包)
送料・支払方法
送料:600円(2箱以上購入またはとくとく便利用で無料)
支払方法:振込(郵便局・コンビニ)・代金引換

体験レビューコメント

口当たりは優しくほんのり甘みがあり、お茶感覚で飲める。
水でも美味しく飲めますが、牛乳や豆乳との相性がいい。
明日葉特有成分のカルコンは、むくみやダイエットに効果があるので、女性におすすめの青汁です。
お得な定期購入も「最低○ヶ月継続」などの縛りがなく安心!
若い女性

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める
価格・内容
通常価格:3,420円+税(6.8g×30包)※初回
定期お届けコース:初回1,000+税(6.8g×30包)※初回
送料・支払方法

送料:無料
支払方法:代金引換・クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

クセのない大麦若葉を使っていて、さらに抹茶の風味が上品さを醸し出しています。
トクホ成分の難消化性デキストリンが、生活習慣病対策や肥満の方に効果が期待できます。
トクホドリンクの中でもコスパが安く、続けやすいところがおすすめ!
お父さん

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 自然由来の81種類の酵素
  • 美肌効果が期待できる話題のプラセンタを使用
  • モンドセレクション受賞歴あり
  • 子供でも美味しく飲めるフルーツテイスト
価格・内容
単品購入:3,980円+税(3g×30包)
ラクトクコース:680+税(3g×30包)※初回
送料・支払方法
送料:単品購入702円・ラクトクコース無料
支払方法:クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

フルーツテイストの誰でもおいしく飲める青汁!
@コスメでの受賞や、モンドセレクション3年連続受賞などの実績あり。
81種類の酵素や乳酸菌、美容成分も含まれており若い女性にもおすすめの青汁です。
水だけでなく、100%のフルーツジュースなどと組み合わせても美味しく飲めます。
女の子

この記事を読んだ人に読まれている記事

  • 青汁で疲労回復→元気な身体へ!青汁で疲労回復→元気な身体へ! 職場や学校でのストレス、なかなか取れない疲れ、皆さん経験あると思います。 もしかしたら現在進行形の方もいるかもしれません。 皆さん […]
  • 青汁が現代人のストレスを解消する??青汁が現代人のストレスを解消する?? ストレス社会と言われるくらい、私たちの周りには様々なストレスが潜んでいます。 そういったストレスが原因で、うつ病になってしまったり、疲労 […]
  • 青汁が美容に効果的な理由青汁が美容に効果的な理由 青汁を始めている人・始めたい人のほとんどは「健康」や「美容」が大きな目的になっていると思います。 ご存知の通り青汁には野菜由来の成分が豊 […]
  • 生活習慣病を青汁効果で予防しよう!生活習慣病を青汁効果で予防しよう! 日本人の死因のうち、6割が生活習慣病によるものだとされています。 高血圧や糖尿病、動脈硬化などが生活習慣の乱れによる症状です。 食事や […]
Share.

Comments are closed.