ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

康のために運動することは必須だと言えます。
しかし、歳を重ねるにつれて運動する回数も極端に減り、疲労を感じることも多くなります。
運動をしていないと筋力の低下により、体温が下がり免疫力も低下し、体調を崩しやすくなるでしょう。
そのために適度な運動は是非とも心がけたいものですね!
どうしても運動後の疲労がつらいという方は、運動後のタイミングで是非青汁を飲んでみましょう。
疲労回復を早める成分が含まれています!

運動のメリットと心がけたいこと

運動のメリットと心がけたいこと

学生でもない限り中々運動する機会はないものです。
かといって自分から動くのも面倒と言う方も多いと思います。
運動することが億劫になっている人は是非運動のメリットを知っておきましょう。

運動の健康・美容メリット

・筋力や体力の増加
運動することで筋肉が発達し、生活で必要な体力や力が増加します。
また、心肺機能の向上によって疲れにくい身体をつくる事が出来ます。
筋肉は動いただけ増やすことが出来るので、歳だからと言って諦めるのはまだ早いです!
出来ることから少しずつ始めてみましょう。

・身体機能の維持
筋力や体力が増加することで、普段の生活で動かす身体の機能を維持することが出来ます。
例えば、人は歩かなくなると一気に足の筋力が衰え「歩く」ために必要な機能が低下します。
他の機能でも同じことが言えるので、少しの事でも習慣付いている人とそうでない人では、基礎的な生活能力の差が出てしまいます。
運動は単純に筋肉をつけたい人だけが行うのではなく、日頃の身体機能が衰えないようにする目標があることを理解しましょう。

・肌の活性化
運動をする事で汗をかきます。汗をかくことで皮膚に詰まった角質や体内の老廃物などが排出されます。
また、身体の代謝がよくなることで、肌のターンオーバーに必要な成分が生成されやすくなります。
分かりやすいところだと、肌の再生を促すコラーゲンの生成が増えるわけです。

・生活習慣病の予防・改善
特に中年の方が運動によって目指すべきところが生活習慣病の予防です。
昔から「食べた分、動け!」と言われているように、食事などで摂取したエネルギーと消費するエネルギーがバランス良く保たれていないと、使わないエネルギーは脂肪になり体に蓄積されていきます。
その結果、肥満になり糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病のリスクが高まります。
現代は若い人でも生活習慣病になるので、全ての人が気を付けていきたいことでもあるのです。

・ストレスの解消
運動をすると気分がリフレッシュしストレスの解消になるとよく言われますよね。
それは、ジョギングなどのリズム運動によって分泌される神経伝達物質の「セロトニン」によるものです。
セロトニンは幸せホルモンとも言われており、心のバランスを整える効果があると言います。
うつ病などの精神疾患の予防・改善にも役立つので、ストレスが溜まりやすい人やイライラしがちな人は、是非ウォーキングやジョギングなどのリズム運動をしてみましょう!

運動の最大のメリットは心身ともに健康になること

このように、運動によって身体的なメリットと精神的なメリットがもたらされます。
その両方がバランス良く備わってはじめて健康と言えるので、運動は本当に大切だと言う事が分かります。
また美容に気を遣う人にとっても、運動は欠かせないものです!

しかし、時間がなかなかとれない!と言う人も多いかと思います。
運動の目安としては30~60分程度で、音楽を聴きながらでもいいので楽みながら疲れすぎない程度の運動を心がけましょう。疲れすぎる運動はかえって疲労感の蓄積を助長してしまうので、無理のない範囲で運動をしていきたいですね!

運動後心がけたいこと

運動すると疲労が溜まります。慣れないことをした時、身体が衰えている人は特に疲労が溜まりやすいでしょう。
しかし疲労は、身体を動かした証でもあるので、疲労回復に有効な成分を摂るようにしましょう。
運動によってエネルギーを消費すると、エネルギーへ変換するビタミンなどの栄養素の要求量が増えます。
また、エネルギーの元となるたんぱく質や炭水化物を摂取することが疲労回復の近道なので、それらを効率良く代謝させる栄養素が求められます。

ビタミンB群の効果

エネルギーの生成に必須なビタミン群で、疲労回復のため運動後の積極的な摂取が好ましいです。

  • ビタミンB1・・・糖質の代謝、乳酸の代謝、疲労回復。
  • ビタミンB2・・・脂質の代謝、細胞の発育
  • ビタミンB6・・・たんぱく質の代謝、脂質の代謝

ビタミンCの効果

疲労の原因である肉体的・精神的ストレスの解消や、骨や筋肉生成のサポートをするビタミンです。
ストレス解消や抗酸化作用(老化防止効果)も期待できるため、健康・美容において大きな役割を担うビタミンです。

これらの栄養素を運動後に摂取することで、疲労回復を早めることが出来ます。

青汁を飲むタイミングは運動後が良い!

運動後にエネルギーを生成するビタミンを摂ることで疲労回復を早めることは分かりましたが、実際運動した後は食べ物を口に入れたくなかったり、上記の栄養素を含む食材を用意するのは大変です。
そこで、青汁をうまく活用しましょう!

青汁には、運動後に欠かせないビタミンB1やビタミンCなどのビタミン類や、筋肉機能の維持やストレスを緩和するマグネシウムやカルシウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。
その他にも腸内環境を整える食物繊維や、体の老化(酸化)を防止する抗酸化作用であるビタミンAやビタミンEも含まれているので総合的に優秀な栄養補給ができるでしょう!

フルーツ青汁とスポーツドリンクがおすすめ!

また、青汁を豆乳などで割って飲む人も増えているように、そのレパートリーは様々でお好みの飲み物と一緒に飲むことが出来ます。
運動後であれば、スポーツドリンクに混ぜて飲むのがおすすめです。
特にフルーツ青汁とスポーツドリンクの相性は抜群でおいしく栄養補給ができますので、是非お試しください!

運動後の青汁まとめ

  • 運動をすることによる健康・美容メリットは多く、健康促進には必須である。
  • 特に筋肉を増加させることが、身体機能の向上に大きく関わる。
  • 運動時に消費されるエネルギーを運動後に補う事で、疲労回復が早くなる。
  • エネルギーの生成をサポートするビタミン類は、運動後には必須の栄養素である。
  • 青汁には豊富なビタミン類・ミネラル類が含まれている為スポーツドリンクなどと一緒に摂ることがおすすめ!

関連記事:青汁で疲労回復→元気な身体へ!
青汁で代謝を促進させ体内機能改善!
アンチエイジングでプリッと美肌を作る!ビタミンCの効果

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.