ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

品には、加工や保存を目的として食品添加物が使われることがあります。
青汁も例外ではなく、そうした食品添加物が含まれている商品もあります。

ところで、添加物というと、身体に悪いイメージはありませんか?
添加物が入っていると聞くと、なんとなく不安な気持ちになってきます。

添加物の安全性はどうなっているの?本当に危険はないの?そんな疑問が湧いてきますよね。
今回は、食品添加物の危険性や青汁に含まれる添加物についてご紹介します!

食品添加物って何?効果や危険性

では、そもそも食品添加物とは何なのかを簡単にご説明します。
添加物とはいえ、”使われている理由”があるので知っておいて損はないはずです。

厚生労働省では、

食品添加物は、『保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの』

と解説されています。

代表的な食品添加物の種類と目的

「添加物」という言葉はよく耳にしますが、実際の食品添加物の種類はどのようなものがあるかご存知ですか?

添加物の種別 目的と効果 食品添加物例
甘味料 食品に甘味を与える キシリトール
アスパルテーム
着色料 食品を着色し、色味を調節する クチナシ黄色素
食用黄色4号
保存料 カビや細菌などの発育を抑制し、
食品の保存性をよくし、食中毒を予防する
ソルビン酸
しらこたん白抽出物
漂白剤 食品を漂白し、白く、きれいにする 亜硫酸ナトリウム
次亜硫酸ナトリウム
香料 食品に香りをつけ、おいしさを増す オレンジ香料
バニリン
抜粋:日本食品添加物協会(最終閲覧日2016年12月23日)

以上は普段よく使われている食品添加物の一例です。
食品のパッケージでも度々見かけるものもありますね。

目的と効果を見ると、添加物の使い道がわかります。
ほとんどの添加物が衛生面に配慮したものと、見た目の美しさや味を向上させるといった2つの目的のために使われているようです。

しかし、やはり気になるのが添加物の安全性の問題です。

添加物の安全性や危険性

添加物などの薬品イメージ

今や、添加物が使われていない商品はないくらい馴染んでしまった食品添加物ですが、安全性・危険性はどうなっているのでしょうか?

添加物は原則として、厚生労働大臣によって安全性と有効性が確認された『指定添加物』や、動物や植物由来の天然物から抽出・生成された『天然添加物』しか使う事が許されていません。

また、添加物の危険性についても安全性試験を実施したうえで、1日の摂取許容量を十分に下回る基準が設けられています。

日常的に摂る食事程度であれば、添加物による人体への悪影響が出ないよう管理されているというわけです。(⇒食品添加物の表示は義務付けられる。など)

結論としては、普段の食事で添加物が含まれるものを食べる分にはほとんど問題がないという事になります。

控えられるなら控えたい添加物

しかし、塵も積もれば何とやら。
1日基準では問題がないにしても、添加物の摂取を毎日毎日続けることの危険性はないの?
……と、ちょっと心配になりますよね。

どちらにしても研究者や医師でない限り、添加物について安全性も危険性も断言はできません。
しかし、熟考した結果、私の考えでは、『添加物は控えられるならば控える』というのが結論です。

やはり添加物という名前が示すように、もともとの素材にはないものを添加する以上、不要なのでは?という疑問がぬぐえないのです。

もちろん、研究や試験によって普段の食品などに使われる添加物の安全を宣言している以上、『添加物は絶対に摂取してはいけない』と大きな声では言えません。
でも、できれば添加物は摂りたくないというのは、誰もが持っている本音ではないでしょうか?

本当に大丈夫?青汁の添加物事情について

青汁を飲む外国人女性

食品添加物の概要はご紹介しましたが、青汁にも添加物は含まれているのでしょうか?

青汁は健康のために飲むものですから、添加物の有無が余計に気になるところです。

青汁に使われる代表的な添加物

多くの人がおいしく飲めるよう青汁にも添加物を含む商品はあります。

一部の青汁で使われている添加物として、

  • 甘味料・・・『イソマルトオリゴ糖』『イヌリン』『アスパルテーム』など
  • 着色料・・・『クチナシ色素』など
  • 保存料・・・『ソルビン酸』など
  • 食物繊維・・・『難消化性デキストリン』など

以上の添加物がパッケージに表示されています。

このなかでも難消化性デキストリンは、血糖値や中性脂肪の上昇を抑制する効果がトクホ(特定保健用食品)として認められて青汁に添加されているもの。

トウモロコシ由来の天然成分で、ほかにも食物繊維をサポートする働きが腸内環境を整えます。添加物と一口に言っても、こういったトクホと認められる天然由来の添加物も含まれているというわけですね。

こうしてみると添加物は、必ずしも全てが不安とは言えないようです。
とはいえ、最近発売されている青汁には甘味料などの添加物を多く見かけるようになったので、飲む際には必ず添加物が含まれていないかチェックを行い、自分で判断するのがおすすめです。

添加物入りの青汁の危険性は?

上記に記した甘さを加える添加物が入った青汁を実際に飲んだ方は、甘味料のおかげで飲みやすくなり、続けられるようになったという声も聞きます。
青汁独特の苦味や臭みが苦手な方にとっては、甘味料などの添加物のおかげで飲めるようになったという人もいるようですね。

しかし、そもそも青汁は健康を維持・増進するために飲むもの。
その青汁に、添加物を加えて飲みやすくする必要があるのか?という疑問もあります。

また、同じ添加物でも、『人工添加物』と『天然添加物』では、安全性に対する考え方も大きく変わるでしょう。

基本的には、どんな食品にも人体への影響が出る程の添加物は含まれていないことが前提ですが、健康志向の方や子どもは特に人工添加物が入っていないものがおすすめです。

天然素材にこだわって作っている青汁だからこそ、人工の添加物が含まれていない、野菜そのままの栄養を摂るべきです!!

特定の効果を向上させる目的で天然由来の添加物(難消化性デキストリンなど)を含む青汁もあるので、期待する効果がある場合は、それに応じた青汁を選ぶことも良いでしょう。

『食後の血糖値が気になる方に』トクホの青汁

添加物を避けた方が良い人は?

基本的に添加物は、国より安全性が保障されているものしか使用できない事になっている、というのはわかりました。
しかし、上記でも述べたように添加物は使わないに越したことはありません。

また、特に添加物入りの青汁を避けた方が良い人もいますので、自分が当てはまっていないか、または家族に当てはまる人がいないかを確認しておきましょう。

妊婦さんは添加物を控える
おそらくすべての妊婦さんが気になることだと思いますが、添加物の過剰摂取はお腹の中の胎児にも悪影響を及ぼす可能性があります。
青汁に限らず、添加物が含まれる食品や飲料は控えた方が良いでしょう。

甘味料として添加されるアスパルテームなどは胎児に影響が出るおそれがあるため注意しましょう。
アスパルテームは、ローカロリーで甘みが出るため、ダイエット中など砂糖の代わりに使われる事が多い添加物です。
しかし、妊娠中に限ってはその安全性も保障できないので以上の添加物を使用している場合、使用を中止しましょう。

子供(幼児)は添加物を控える
子供特に幼児にも添加物による悪影響がでる可能性があります。
清涼飲料水やお菓子などに使われるアスパルテームやアセスルファムKなどの甘味料や、カラメル色素などの着色料は、子供の成長を妨げたり、免疫機能の低下を生む危険性があります。
特に、お菓子ばかり食べていたり、清涼飲料水をよく飲むお子さんには注意が必要です。

子供は、添加物のことなどは深く理解できないので、周りの大人たちが気をかける必要があります。
体が未熟な子供だからこそ大人たちが添加物から子供を守りましょう。

高齢者は添加物を控える
子供同様に体の機能が弱く、消化機能なども衰えている為、添加物にも注意が必要です。
また、高齢になると、タンパク質や糖質などのエネルギーが不足して起きる低栄養も懸念されます。
低栄養になると、体の機能を維持する力もなくなり、添加物の摂取により骨密度の低下(骨粗しょう症)や認知症などの症状につながるリスクも高まります。

添加物だけの問題ではありませんが、若者に比べると健康維持が難しくなってくるので、出来るだけ添加物は避け無添加の食材を選ぶことが理想です。

添加物の有無は商品の裏面・原材料欄をチェック!

添加物は原材料欄をチェック

添加物の有無を判断するには、商品の原材料欄をチェックする必要があります。
原材料欄には、その商品に使われる原材料はもちろん、添加物の詳細も記載してあります。

特に上記の添加物を避けた方が良い人に当てはまる方は、この原材料欄を良くチェックして相性の悪い添加物は含まれていないかを確認しましょう。

食品に限らず化粧品などにも添加物が使われているので、自分に合った商品かを見極めることが大切です。

人工添加物が使われていない安全な青汁がおすすめ

健康志向の方にはやっぱり、人工添加物が含まれていない青汁が良いでしょう。
また、より安全性を気にするならオーガニック(有機栽培)の原料を使った青汁がおすすめです。

国産明日葉・大麦若葉にこだわった、ふるさと青汁

ふるさと青汁 評判
健康食品専門メーカーから出た青汁
ふるさと青汁は、健康食品界でも王道のマイケアから登場した青汁です。
全て有機栽培で育てられた国産の原料を使用している、人気のオーガニック青汁です。

ふるさと青汁のおすすめポイント

  • 安心の国産原料使用(明日葉・桑の葉・大麦若葉)
  • 特定の栄養素でケールを上回る明日葉を使用
  • 農薬・化学肥料に頼らない原料使用
  • 人工甘味料・保存料不使用

原料として使われているのは、明日葉をはじめ、桑の葉や大麦若葉など、ケールと比べて味やにおいにクセがなく、飲みやすい青汁が作れることでも近年注目されている素材です。
そのため、子供から大人までおいしく飲むことが出来る青汁ですのでおすすめです。全て国産と言うところも安心ですね!%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e9%9d%92%e6%b1%81%e5%8e%9f%e6%96%99また、明日葉にしか含まれない、黄金のポリフェノール『カルコン』もしっかり含まれており、脂肪燃焼作用や血糖値を下げる作用、解毒作用が期待できます。%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%b3初回限定で2週間分(14包)のサンプルがおまけで付いてくるキャンペーン中です。
2週間のサンプルで、満足できなかった場合の全額返金保証もあるので安心です!

無添加化粧品のファンケル『本搾り青汁』もおすすめ!

無添加化粧品でおなじみのファンケルは、健康食品の分野でも自然の素材にこだわる本格派。昔ながらのシンプルな青汁を飲みやすいテイストに進化させて発売中。実際に飲んだレビューやキャンペーン情報をご紹介しています。

おすすめの人気青汁ランキング!

ふるさと青汁

ふるさと青汁
ふるさと青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 原料はすべて国産の安心な青汁
  • 明日葉しか持っていない黄金のポリフェノール『カルコン』
  • 飲みやすさ、おいしさは青汁界随一
  • 明日葉の栄養価はケールと同等以上
価格・内容
通常価格:3,800円+税(3g×30包)
とくとく便:3,420円+税(3g×30包)
送料・支払方法
送料:600円(2箱以上購入またはとくとく便利用で無料)
支払方法:振込(郵便局・コンビニ)・代金引換

体験レビューコメント

口当たりは優しくほんのり甘みがあり、お茶感覚で飲める。
水でも美味しく飲めますが、牛乳や豆乳との相性がいい。
明日葉特有成分のカルコンは、むくみやダイエットに効果があるので、女性におすすめの青汁です。
お得な定期購入も「最低○ヶ月継続」などの縛りがなく安心!
若い女性

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁
ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • トクホに認められた数少ない青汁
  • 食後の血糖値上昇を抑制
  • 安心の有機JAS認定の国産大麦若葉使用
  • 口当たりがやさしく子供でも美味しく飲める
価格・内容
通常価格:3,420円+税(6.8g×30包)※初回
定期お届けコース:初回1,000+税(6.8g×30包)※初回
送料・支払方法

送料:無料
支払方法:代金引換・クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

クセのない大麦若葉を使っていて、さらに抹茶の風味が上品さを醸し出しています。
トクホ成分の難消化性デキストリンが、生活習慣病対策や肥満の方に効果が期待できます。
トクホドリンクの中でもコスパが安く、続けやすいところがおすすめ!
お父さん

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁公式サイト
POINT!

この青汁の特徴は?

  • 自然由来の81種類の酵素
  • 美肌効果が期待できる話題のプラセンタを使用
  • モンドセレクション受賞歴あり
  • 子供でも美味しく飲めるフルーツテイスト
価格・内容
単品購入:3,980円+税(3g×30包)
ラクトクコース:680+税(3g×30包)※初回
送料・支払方法
送料:単品購入702円・ラクトクコース無料
支払方法:クレジットカード・後払い

体験レビューコメント

フルーツテイストの誰でもおいしく飲める青汁!
@コスメでの受賞や、モンドセレクション3年連続受賞などの実績あり。
81種類の酵素や乳酸菌、美容成分も含まれており若い女性にもおすすめの青汁です。
水だけでなく、100%のフルーツジュースなどと組み合わせても美味しく飲めます。
女の子

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.