ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

なさんの青汁に対するイメージってどのようなものでしょうか?
「マズそう」「ニガそう」「クサそう」
特に青汁を飲んだことのない人はこんな感じだと思います。
正直なところ私もそうでしたし、他の青汁ユーザーの皆さんもそうでしたね。

当サイトでは、「最近の青汁は飲みやすくおいしい!」と、言う事をお伝えしてきました。
しかし中には、本来の青汁を思わせるようなクセのある青汁もまだあります。

今回ご紹介するFANCL(ファンケル)の『本搾り青汁』は昔ながらの青汁をおいしく再現したテイストだという噂が・・・!!

本搾り青汁 味

FANCLと言えば、無添加化粧品のイメージが強いですが、健康食品関連については知らない人も多いかと思います。
ではどのような商品なのでしょうか?

実際に『本搾り青汁』を飲んで評価レビューしてみた!

本搾り青汁 パッケージ

本搾り青汁 詳細

今回の『本搾り青汁ベーシック』は、初回限定のお試し価格のもので、10日分500円(税込)20日分780円(税込)と非常にお求め安くなっています。
追記:2016年12月より780円で20日分の更にお得なお試しセットになりました!!

パッケージは透明感のある袋で、詳しい詳細やレシピが紹介されている「青汁BOOK」などが同梱されていました。

裏面・側面には、栄養素の内訳など詳しい情報が記載されていて分かりやすいです◎

では実際に飲んでみましょう。
本搾り青汁 粉末粉末はほとんどの青汁と同様に濃い緑です。
しかし、小分け袋の封を開けた瞬間から「プ~ン」ケールらしきにおいが・・・
いや、でも青汁の原料は野菜なのでこれは仕方ないですね!
本搾り青汁 味推奨されている100mlの水で割ってみました。
色合いはどうでしょう?
かなり深く濃い緑です。
そして・・・クサい!!青クサい!!
最近は、大麦若葉や明日葉のクセのない青汁を多く飲んでいたこともあり、特に強烈に感じました。

『本搾り青汁』の味はおいしい?まずい?

においを嗅いだ段階で、ある程度は察していましたが、
味は・・・「う~ん・・・ちょっとまずい!! しかし、これぞ青汁!!(白目)」

しかしながら、最近の青汁界では、飲みやすさを重視している傾向にあると感じるので、本格的なケールの醍醐味である「苦み・青臭さ」を感じとれる青汁は珍しくなりました。
そういった意味で、本来の青汁を飲みたい方にとってはこれ以上ない商品だと思います。

また、水溶けもよく、粉っぽさもないマイルドな仕上がりになっています。
昔のケールよりはるかに飲みやすくなっているのは確かです!!

私の個人的な感想だと、割る水の量を減らした方が、本来の味を楽しめます!

『本搾り青汁』のおすすめポイントは?

FANCL『本搾り青汁』では、主原料としてケールが使用されています。

ケール
アブラナ科の植物で、キャベツに似たような形をしています。
ビタミンやミネラル、食物繊維など栄養が非常に豊富なことから”野菜の王様”とも呼ばれ、青汁の代表的な原料としても有名です。
ケール

国内産のケールを100%使っており、ファイトケミカル(フィトケミカル)と呼ばれる、植物の色素や香りなどの身体の生理的機能を活性化させる成分が含まれております。

ケール栽培は土からこだわりを持って作られており、ミネラルバランスを整えた「ミネラル農法」を採用しています。
この農法により、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれたケールが育つのですね!!

さらに、ミネラル農法によってケールの「えぐみ・苦み」が減少し「甘味・旨味」が上昇するそうです。

また、ケールのカルシウムの含有量は、牛乳の約2倍と言われており、吸収率も約1.3倍で、吸収性に優れた青汁として注目されています。

FANCLの青汁は化学農薬を一切使わないということから、品質や安全性は保証されていますね!

『本搾り青汁』ファンケルマイルドテイスト製法

ファンケルこだわりの製法FANCLではケール本来の栄養やおいしさを活かし、毎日続けられるように独自の製法を採用しています。

収穫 →(低温輸送)→ 受け入れ → 洗浄 → カット → 搾る

と、このような製造工程になっており、この「カット」と「搾る」過程の中でそれぞれ2種類の加工が行われます。

  • フリーズドライ加工
    「カット」後にケールを冷凍させ乾燥、その後粉々に砕き”粉末”へ。
  • スプレードライ加工
    「搾る」ことで液体になったケールをスプレー状に噴霧し、急速乾燥により”粉末”へ。

そして、この両方の加工で出来上がった2種類の”粉末”をブレンドすることで、マイルドでスッキリとした『本搾り青汁』が生まれます。

『飲んでみた』まとめ
主原料 ケール ミネラル農法によってミネラル含有量が高まった”野菜の王様”国内産ケールを使用。
古き良き王道の青汁。苦味あり、青臭さありで本来の青汁が好きな人にはたまらないクセのある味。しかし、好みが分かれるため、初心者には向かない。
おすすめポイント ファンケルの商品と言う視点から、安心感や品質の高さは高評価。カルシウムの吸収性も優れており、ファンケル独自の製法により口当たりもマイルドになっている。

 

『本搾り青汁』をおすすめしたい人

✅ケール本来の味を楽しみたい人

✅野菜不足で悩んでいる人

✅無添加にこだわる人

✅品質・安全性にこだわる人

✅カルシウム不足な人

FANCLのファンの人

『本搾り青汁』の栄養成分と効果は?

商品の側面には原材料名が表示されています。

本搾り青汁 成分

原材料は、国内産のケール、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、DFAⅢが含まれていますね!

ケール
ケールにはビタミンCやビタミンE、βカロテンやルテインなどの抗酸化物質が豊富に含まれており、活性酸素による老化防止を促すことができ、アンチエイジングに非常に効果的だと言われています。

また、この青汁に使われている国産の無農薬ケールは「ミネラル農法」によってカルシウムや血圧の調整をするカリウムなどのミネラル類も豊富に含まれているため、トータルで非常に栄養価が高くなっています。

・水溶性食物繊維
水に溶けやすい食物繊維です。
糖(炭水化物)の消化や吸収を緩やかにし、血圧の上昇や血糖値の上昇を抑える働きもあります。
また、腸内の余分な水分を吸収することで、便の柔らかさを担う働きがあります。
食物繊維にはデトックス効果が見込めるため、ダイエットのサポートには欠かせないでしょう。

・DFAⅢ
オリゴ糖の1種で、カロリーを抑え甘みを出すために使われます。
また、カルシウムなどのミネラルの体内吸収を促進する働きもあります。
FANCLが「ツイントース」という名前で商標登録もしています。

『本搾り青汁』の安全性や添加物は?

毎日続けたい青汁だからこそ、安全性が気になります。
『本搾り青汁』のファンケルが送る4つの安心・安全ポイントがあります。

  • 無添加
  • 化学農薬不使用
  • 品質管理
  • 国内産100%

これらをモットーに作られた青汁なので、安心して飲むことが出来ます。

『本搾り青汁』詳細情報!気になるコスパは?

では、『本搾り青汁』の詳細な情報を見ていきましょう。

商品名 本搾り青汁ベーシック
販売者 株式会社ファンケル
商品種別 本搾り青汁 ベーシック(通常) 本搾り青汁 ベーシック(お試し)
内容量 4.5g×30本 4.5g×20本(10本+10本)
価格 2,911円(税込) 780円(税込)
1杯当たりの価格 約97円 39円
備考 定期購入で2,619円(税込) 初回限定お得セット

高コスパなお試し価格がすごく嬉しいですね!

少しクセのある本格派の青汁ですが、栄養や品質、安全性はトップレベルなので、味よりも栄養を重視したい人はぜひ『本搾り青汁』をお試しください。

\まずは20日間試せるお得な780円のセットから!/

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.