ページトップボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

養補給にとても優秀な青汁ですが、妊婦さんにもおすすめとよく聞きます。
つわりなどで食欲不振になると同時に栄養不足になりがちに・・・
栄養不足が胎児への悪影響にもつながりかねないことから青汁がいいのではないかと言われています。

でも、気になるのが、そもそも妊婦さんは青汁は飲んでもいいのかということです。
今回は「妊婦さんは青汁を飲んでもいいのか?」というテーマについて考えてみましょう。

青汁が妊婦さんに与える効果は?

妊婦への効果は?

・・・結論から言うと、青汁は妊婦さんにも効果的です。

冒頭でも述べたように、青汁が栄養不足解消に一役買います。

妊娠中は胎児にも栄養が行くため、妊婦さんは栄養不足になる傾向があります。

特に食事や栄養のバランスが重要になってくる時期ですので、食事に合わせて青汁を摂取することで効果的に栄養補給をする事が出来るわけです。

他の栄養ドリンクなどと違い、青汁は基本的に野菜や植物の自然由来の成分で出来ているので、野菜を食べることの延長と考えられます。

ただし、注意する点もあるため、そちらも合わせてご紹介します。

青汁には妊婦さんが摂っておきたい葉酸が含まれている

青汁にはビタミンB群の一種である“葉酸”が含まれており、妊娠初期から授乳時期にかけて、赤ちゃんの成長・妊婦さんの健康サポートを促します。

最近話題になっている葉酸ですが、妊婦さん・赤ちゃんに対してどのような効果が期待できるのでしょうか?

赤ちゃんの先天異常リスクの軽減

葉酸には細胞の生産・生成を助け、遺伝子を情報を正確に伝える役割があります。
そのため、妊娠初期に赤ちゃんの先天異常のリスクから守る働きがあると注目されています。

妊婦さんの貧血の軽減

ビタミンB12とともに赤血球の生産を助け、血をつくる効果もあるため、妊娠中の妊婦さんの貧血の軽減にも効果が期待できます。

赤ちゃんの発達障害のリスク軽減にも効果が?

ある研究では、細胞の生成を促す葉酸の働きで、赤ちゃんの発達障害のリスク軽減に効果があるとも言われています。
まだ、効果が確実に認められてるわけではないので、研究が進められ実証されることに期待したいです。

青汁で葉酸の過剰摂取の心配は?

葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンの一種なので、余った分は尿として排出されます。
ですので、過剰摂取の心配はありませんが、目安量を守って摂取しましょう。

女性の葉酸の所要量は以下の通りです。

  • 18~29(歳) 240μg 耐容上限量900μg
  • 30~49(歳) 240μg 耐容上限量1000μg
  • 50~69(歳) 240μg 耐容上限量1000μg
  • 70以上(歳) 240μg 耐容上限量900μg
  • 妊婦(付加量)240μg
  • 授乳婦(付加量)100μg

耐用上限量を超えるほど摂ることはないとは思いますが、念のため気を付けておきましょう。

葉酸以外にも、青汁にはたくさんの栄養成分が含まれているので、妊婦さんに効果的な成分についてご紹介していきます。

青汁が妊婦さんに効果的である理由

青汁が効果的である理由

冒頭でもご紹介した様に、葉酸は妊婦さん・赤ちゃんにとって摂取しておきたい成分です。
もともとホウレンソウやモロヘイヤ、ブロッコリー、鶏レバー、緑黄色野菜に多く含まれています。

しかし、熱に弱く調理過程で火を通してしまうと栄養素が半減してしまうなど、調理にはあまり向かない成分なので、食事から摂取するのがなかなか難しかったりもします。

そこで、あまり加工を行わない自然食品である青汁がおすすめなのです。

青汁には、葉酸以外にも様々な健康に良い成分が含まれています。
その中で妊婦さんに良い成分と効果をご紹介します。

青汁に含まれる”ビタミン類”の妊婦・赤ちゃんへの効果

葉酸(ビタミンB9)に加え、免疫力強化・骨や血管の保護・鉄分の吸収を助けるビタミンCや、葉酸とともに赤血球中のヘモグロビン合成のサポートをするビタミンB12、アミノ酸の代謝を促しつわりを軽減するビタミンB6などが良いです。
トータルで健康・美容に必須であるビタミンは母子ともに健やかなカラダづくりをサポートします。

青汁に含まれる”カルシウム”の妊婦・赤ちゃんへの効果

妊婦さん・赤ちゃんにとって、とても大切な栄養素です。骨や歯の形成に必要で、特に妊娠中や出産後にはかなりの量が必要になります。
成人女性は1日600mg必要と言われていますが、妊娠中には1.5倍に900mg、出産後にはおよそ2倍の1100mg必要と言われているので、積極的に摂取したいです。
ケールやモロヘイヤの青汁にはカルシウムが多く含まれています。

青汁に含まれる”鉄分”の妊婦・赤ちゃんへの効果

妊娠中は赤ちゃんに血液を送ったり、出産時の大量出血で、貧血になりやすいです。
成人女性の1日に必要な摂取量は5.5mgと言われ、妊娠中は約3倍の16.5mg必要になります。
鉄は葉酸やビタミンB12とともに血液を生成するミネラルなので、合わせて摂取したいですね。
ケールや大麦若葉の青汁には鉄分が多く含まれているので、鉄分をしっかり摂って妊婦さんの貧血対策をしておきましょう。

各成分とも、原材料によって含まれる量が異なりますので、しっかりチェックして選びましょう。

妊婦さんが青汁を飲みはじめるタイミングは?

青汁を飲みはじめるタイミングとしては、胎児が器官形成を始める妊娠初期からが良いとされています。
妊娠初期は、元気な赤ちゃんを育てる環境づくりの他、赤ちゃんの先天性リスクを減らすことのできる期間です。

そして1番気になる、妊婦さんの青汁選び注意点についてご説明します。
その人の体質や商品によっては、適さないものもあるので、知っておくと役に立つと思います。

妊婦さんの青汁選び注意点

妊婦さんの青汁選び注意点

青汁は、基本野菜から作られており、薬ではないので誰でも簡単に飲めて健康サポートできるものとして注目されています。
しかし中には、青汁に含まれる成分が妊婦さんと相性が悪い場合があるので注意が必要です。

妊娠中に妊婦さんが避けたい青汁は?

青汁には様々な種類があり、飲みやすくするために、

  • 糖質が多く含まれている
  • カフェインが含まれている
  • 添加物が含まれている

ものがあります。

特に妊婦さんには、上記が含まれているものはおすすめできません。

糖質が多く含まれる青汁の注意点

妊娠中は血液中の糖の分解が難しくなり、血糖値が上昇しやすくなります。そのため妊婦糖尿病になるリスクがあります。
妊婦糖尿病は最悪の場合、発育不全・奇形、心臓病、流産などの赤ちゃんへの影響もあるので気を付けましょう。

青汁で効率良く糖質制限ダイエットができる??

カフェインが含まれる青汁の注意点

飲みやすくするために、緑茶や抹茶が加えられる青汁にはカフェインが含まれます。
妊婦さんのカフェイン多量摂取は、赤ちゃんの発達障害に繋がるリスクもあるので避けましょう。

添加物が含まれている青汁の注意点

合成保存料や人工甘味料などの添加物が含まれているものは、母子ともに悪影響をもたらす可能性があるので注意が必要です。
また、海外で加工されたものには、日本では認められていない農薬などが含まれている場合があるので、メーカーがしっかり検査しているもの、国産のものを選び、必要に応じてメーカーへの問い合わせもしてみると良いでしょう。

知らないと怖い?青汁に含まれる添加物の危険性は?

その他妊婦さんの青汁注意点

品質には問題がなくても、妊婦さんでなくても青汁が体質に合わない人も中にはいます。
アレルゲン物質となるものは、基本青汁には含まれておりませんが、まれに青汁を飲んで体調不良になったりする人もいるので、成分や原料を確認することが大切です。

青汁に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えるものですが、摂り過ぎるとお腹がゆるくなったりもするので摂取量も注意が必要です。

用法容量を守って妊婦・赤ちゃんともに健康に

上記で葉酸の上限量についても説明しましたが、どの成分も1日の摂取する目安量があります。
母子ともに過剰摂取による副作用を避けるために、用法容量を守って摂取することを心がけましょう。
また、心配な点があれば、必要に応じてかかりつけの医師に相談しましょう。

妊婦さんにおすすめの青汁【健康家族 初摘み若葉青汁】

%e5%88%9d%e6%91%98%e3%81%bf%e8%8b%a5%e8%91%89%e9%9d%92%e6%b1%81

創業41年の健康家族が送る、
妊婦さんが不足しがちな葉酸・鉄を含む国産の大麦若葉と植物由来のカルシウムを配合したハイブリット青汁です!

『初摘み若葉青汁』妊婦さんへのおすすめポイント

  • 妊婦さんに嬉しいノンカフェイン・農薬不使用
  • 葉酸をはじめとするビタミン類も豊富!
  • 便秘解消に有効な水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)配合
  • 大麦若葉なのでクセがなく美味しく飲める

次の図を見てわかる通り他の食品と比べても栄養成分が豊富です。

%e5%88%9d%e6%91%98%e3%81%bf%e8%8b%a5%e8%91%89%e9%9d%92%e6%b1%81%e3%80%80%e6%a0%84%e9%a4%8a%e6%88%90%e5%88%86引用:健康家族 初摘み若葉青汁公式サイト

栄養成分はもちろんのこと、何より妊婦さんにうれしいのが、お茶感覚で飲める大麦若葉ベースの青汁と言う事です。
大麦若葉は水で割っても美味しく飲めます。
また、豆乳で割ったり、フルーツなどと混ぜスムージーにしても美味しく飲めるので、飽きずに続けられる青汁です。

『初摘み若葉青汁』気になる値段・コスパは?

初摘み若葉青汁は、通常価格1袋2,160円(税込)で、1日当たり144円です。
他の青汁よりも割高な気もしますが、妊婦さんに必要な栄養素も含まれているので相応な値段なのではないでしょうか。

また、1袋(15包入り)当たり1,944円(税込)になるお得な定期コースもありますので是非チェックしてみてください!

健康家族のカルシウムもとれる初摘み若葉青汁

青汁を活用して母子ともに健康を目指しましょう!

妊婦さんに青汁がおすすめな理由まとめ

  • 胎児に栄養が行くため、妊婦さんは栄養が不足しがち。
  • 妊婦さんに有用な栄養素として”葉酸”があり、母子ともに健康を促す効果がある。
  • 葉酸やビタミン類・ミネラル類が豊富に含まれる青汁が栄養不足の妊婦さんに効果的。
  • 注意点はいくつかあるので、商品選びが大切である。
  • 妊娠初期から青汁を飲みだすのが良い。

妊婦さんの青汁に関する関連記事

妊婦さんや子供は今すぐ摂りたい!葉酸の効果
妊婦さんが摂っておきたい注目の葉酸について紹介している記事です。
葉酸の特徴・効果や、葉酸が多く含まれる青汁についても解説。

子供が欲しいけど不妊?妊活に青汁が有効?
不妊のことや妊活についてのまとめ記事です。
不妊改善のために必要な習慣や妊活中に摂取しておきたい栄養素についても紹介しています。

野菜不足解消!子どもの成長を青汁が応援!
小さなお子さんの野菜不足事情や、1日に必要とされる野菜量、野菜不足に青汁を活用する方法などを紹介しています。
また、子供が青汁を飲むときの注意点も解説。

この記事を読んだ人に読まれている記事

Share.

Comments are closed.